女性なら誰もがうらやむ小顔。マスクを使えば、誰でも装着するだけで小顔をつくれます。しかし、どんなマスクでもよいわけではなく、小顔に見せるマスクには特徴があります。

本記事では、小顔に見せるマスクの選び方について説明します。マスクで小顔効果を狙うなら、自分の輪郭にあう「形」と「大きさ」で選びましょう。

小顔に見えるマスクは輪郭との相性で決まる

小顔に見えるマスクは輪郭との相性で決まる
出典:byBirth

マスクは、輪郭との相性によって小顔に見えるかが決まります。ここでは「小顔に見えるマスクについて」と「輪郭タイプの特徴」について説明します。

小顔に見えるマスクについて

小顔に見えるマスクとは、フェイスラインにフィットして輪郭をシャープに見せてくれるものです。また、マスクをつけることで顔の輪郭のバランスがよくなり、小顔に見せてくれる効果もあります。

自分の輪郭にぴったりのマスクをつけると、本来のマスクの目的である細菌やウイルスの予防効果も高まります。

小顔効果とウイルス予防効果を得るには、自分の輪郭タイプに合ったマスクを選ぶことが大切です。

輪郭タイプの特徴

輪郭には、大きく分けて横長タイプと縦長タイプと2つあります。ここではそれぞれの輪郭の特徴について説明します。

横長タイプ(丸顔、四角顔、ベース顔)

  • ふっくらした頬
  • 丸いあご
  • 顔の縦幅と横幅の割合が同じくらい

横長タイプは、顔が横に広がって大きく見えるため、縦ラインを長く見せるマスクで小顔効果を狙いましょう。

縦長タイプ(面長、逆三角形)

  • 頬はスッキリ
  • 顎はシャープ
  • 顔の縦幅が長い

縦長タイプは、顔が長く大きく見えるため、横幅を出すマスクでバランスを取り小顔効果を出しましょう。

小顔に見えるマスクの選び方

小顔に見えるマスクの選び方
出典:byBirth

マスクは自分の顔の輪郭に合った「形」と「大きさ」で選びましょう。ここでは、それぞれについて詳しく説明します。

マスクの形

マスクの形には、「平型」「プリーツ型」「立体型」があり、その中でも、縦幅が長いものと横幅が長いものとあります。マスクの形を選ぶときは、顔の輪郭のバランスを整えてくれるものかどうかを確認しましょう。

横長顔である丸顔やベース顔

プリーツ型や立体型で縦幅を強調したマスクを選ぶと、頬が隠れてシャープになりスッキリとした小顔になります。

また、マスクの下部の両端を切り落としたマスクも、顎まわりをシャープにして縦ラインを強調するため、小顔効果が期待できます。

縦長顔である面長、逆三角形

平型かプリーツ型で横幅が広いマスクを選ぶと、縦幅が緩和されて輪郭のバランスが整い小顔効果が期待できます。また、横幅のあるマスクは、頬をふっくら見せるため若々しく健康な印象にもなれます。

なかには、マスクがラウンドカットされているマスクもあり、女性らしいソフトな印象も演出できます。

マスクの大きさ

マスクの大きさは、自分の顔の大きさに合ったものを選びましょう。

小顔に見せたいからといって、大きめのマスクを選ぶ人がいますが、かえって顔が膨張して見えます。顔にフィットするマスクこそが、フェイスラインをシャープにして小顔効果が期待できるのです。

自分の顔に合うマスクの大きさを調べる手順は次のとおりです。

  1. 親指と人差し指でL字型をつくる
  2. 耳のつけ根の一番上にL字型の親指を当てる
  3. 鼻のつけ根から約1cm下の部分に、L字型の人差し指の先端を当てる。
  4. 親指から人差し指の長さを測る

長さ別マスクサイズの目安

  • 9~11cm:子供用サイズ
  • 10.5~12.5cm:小さめサイズ
  • 12~14.5cm:普通サイズ
  • 14.5cm~:大きめサイズ

マスクの小顔効果をアップさせる方法

マスクの小顔効果をアップさせる方法
出典:byBirth

マスクの小顔効果をより高めたい場合は、「ヘアスタイル」と「アイメイク」も工夫しましょう。ここでは、それぞれの仕方について説明します。

ヘアスタイルは顔周りをスッキリとさせる

髪の毛をおろしていると、顔にボリュームがでてマスクの小顔効果が下がります。髪は後ろでまとめて、シャープな小顔を維持しましょう。

また、マスクをしていると、目元しか見えず表情が分かりにくくなります。しかし、髪の毛をまとめることで、明るく健康的な印象に変えられます。

とくに、前髪やサイドの髪はしっかりとまとめると、スッキリとして清潔感のある印象になるので、意識してセットすることをおすすめします。

アイメイクでメリハリを出す

マスクをつけると、顔の大半を覆われるため、顔の印象がぼけてしまいがちです。マスクをつけるときは、目元のメイクに力を入れてメリハリを出しましょう。アイメイクによって顔に立体感が出ると、顔が引き締まって小顔効果を実感できます。

マスク着用時はどうしても表情が暗く見えやすいので、アイメイクは、全体的に目元が明るくなるように仕上げることをおすすめします。

例えば、眉毛は髪色よりも明るめのカラーを使い、アイカラーはトーンアップ効果のあるベージュやピンク、パールが入ったオレンジなどの肌なじみのよいカラーがよいでしょう。

ブラック、グレー、ブルーなどのカラーは、目元に陰をつくり暗くするので避けたほうが無難です。

また、目元に陰ができないように、アイライナーやマスカラもリキッドタイプやウォータープルーフタイプなど、滲みにくいタイプを使用することも大切です。

まとめ

小顔効果のあるマスク
出典:byBirth

小顔効果のあるマスクは、自分の輪郭にフィットするものを選ぶことが重要です。マスクで小顔効果を狙うなら、自分の輪郭にあう「形」と「大きさ」で選びましょう。

また、マスクの小顔効果をより高めたい場合は、「ヘアスタイル」と「アイメイク」も工夫することをおすすめします。自分にピッタリの小顔マスクで、WITHコロナ時代を美人顔で乗り切りましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「小顔に見せるマスクの選び方!WITHコロナ時代を美人顔で乗り切る!