レモン水の効果

レモン水の効果
出典:byBirth

暑い夏には、見ているだけで涼しげに感じる「レモン水」がおすすめです。氷を入れて飲んだらおいしそうですよね。カラカラに喉が渇いているときは、爽やかな香りのレモン水をゴクゴク飲みたくなります。

そんなレモン水は、美容やダイエット、健康に良い効果が期待できるのです。では、レモン水にはどのような効果があるのか見ていきましょう。

代謝アップ

レモンに含まれる「クエン酸」は、酸っぱいと感じる元となる物質。このクエン酸には代謝をうながす効果があり、ダイエットに効果が期待できます。クエン酸が糖質の代謝をうながし、脂肪の燃焼をサポートしてくれるのです。

また、レモンの皮に多く含まれているポリフェノールには、生活習慣病を予防したり、脂肪の蓄積を抑えたりする効果が期待できます。

美肌効果

美肌効果
出典:byBirth

レモンといえば、ビタミンCがたっぷり含まれているイメージがありますよね。ビタミンCは美肌をつくる効果があり、美容には欠かせない栄養素です。

ビタミンCは、シミの元となるメラニンの排出を促したり、コラーゲンの生成をサポートすることで肌の弾力を保ったりする働きがあります。

疲労回復

体が疲れるのは、疲労物質である乳酸が体内にたまってしまい、排出しにくくなるからです。

レモン水には、乳酸を分解する効果が期待できる「クエン酸」が含まれています。肉体労働や運動の後にクエン酸を摂取すると、疲労を回復しやすくなり、疲れを翌日に残しにくくなります。

口臭予防

レモン水に含まれるクエン酸は、口臭予防にも効果があると言われています。クエン酸は酸っぱいので、唾液の分泌を促すことで口の中の乾燥を防ぎ、口臭を予防することができるのです。

また、クエン酸には殺菌作用もあるため、口の中の雑菌の繁殖を抑え、口臭を予防してくれるのです。油っこい食事を食べたときにレモン水を飲むと、口の中がさっぱりする効果もあります。

デトックス効果

デトックス効果
出典:byBirth

体内の老廃物を排出してデトックスすることは、美容にもダイエットにも健康にも大切です。レモン水に含まれるクエン酸は、むくみや便秘を解消する効果があり、デトックス効果を高めてくれます。

さらに、レモン水に含まれる「カリウム」もむくみ改善をサポートし、レモン水に含まれる「食物繊維」は便秘解消に役立ちます。

デトックス効果が高まれば健康な体になるのはもちろん、美肌効果やダイエット効果も高めてくれます。

レモン水を作って飲んでみよう!

では早速、レモン水を作って飲んでみましょう。作り方はとっても簡単なので、続けやすいのもメリットですね。

レモン水の作り方

レモン水の作り方
出典:byBirth

レモン水を作るのに用意するものは、「水」と「レモン」だけです。水にレモンを絞って入れるだけで、簡単にレモン水が作れます。

分量の目安は、コップ一杯の水(約200ml)に対し、レモン1/2個の絞り汁を入れます。想像よりもかなり濃いめのレモン水だと思った人も多いかもしれませんね。

夏はアイスで、冬はホットで飲むと良いでしょう。

レモン水の飲み方

レモン水の飲み方
出典:byBirth

レモン水を飲む量は、1日あたりコップ2~3杯程度が目安です。レモンの摂取量でいうと1日にレモン1個が目安なので、レモン水2杯分になりますね。

レモン水を飲むタイミングは、基本的にはいつでもOKです。より効果を高めるには、ベストなタイミングがあるのでご紹介します。

便秘やむくみの改善に効果的な飲むタイミング

レモン水で便秘解消やむくみ改善の効果を期待するなら、飲むタイミングは起床時や寝る前がおすすめ。起きたときは体内の水分が不足しているので、水分補給をすることで腸の働きを促す効果もあります。

ダイエットに効果的な飲むタイミング

レモン水でダイエット効果を高めるには、運動前や食前に飲むのが効果的です。食前に飲むと食事での食べ過ぎを抑えることができ、運動前に飲むと脂肪燃焼の効果を高めてくれます。

レモン水のデメリット

美容や健康、ダイエットにも効果が期待できるレモン水。簡単に作れるうえに、こんなに優秀な飲み物があるなんて驚きですよね。

ただし、レモン水にはデメリットもあるのでここで確認しておいてください。

胃が荒れる

酸味の強いレモン水は、空腹時に飲むと胃が荒れる恐れがあります。酸が胃の粘膜を荒らしてしまうため、胃痛を引き起こしてしまう場合があるのです。

レモン水を食前に飲むと、食欲を抑えてダイエット効果を高めてくれますが、あまり頻繁に飲まないように注意が必要です。とくに胃腸の弱い人は、食前には飲まず、食事中や食後に飲むようにしましょう。

歯のエナメル質が溶ける

レモン水は酸性の飲み物なので、歯のエナメル質を溶かす作用があります。ちなみにエナメル質とは、歯の表面のツルツルした面のことです。

このエナメル質が溶けると虫歯になりやすくなったり、冷たい物が染みるようになったり、どんどん歯がもろくなってしまう恐れがあります。

そのため、レモン水を飲んだら水で口をすすぐようにして、飲んだ直後には歯磨きをしないようにしましょう。レモン水を飲んだタイミングで歯磨きをすると、エナメル質がさらに溶けやすくなります。

爽やかなレモン水を飲んでキレイになろう!

レモン水が美容やダイエットに効果的な理由と飲み方についてご紹介しました。手軽に作れて飲めるので、続けやすいのがうれしいですね。

毎日の健康管理や美の維持のために、ぜひレモン水を取り入れてみてくださいね。

情報提供元:GODMake
記事名:「爽やかな香り!美肌にもダイエットにも効果が期待できる『レモン水』の飲み方