自分のお肌のタイプ、知っていますか?

お肌のタイプ
出典:byBirth

よく「乾燥肌」や「オイリー肌」などと耳にしますが、肌タイプの本当の意味を知っていますか。自分のお肌のタイプが分かると、お肌トラブルを解消する方法が分かるようになります。お肌トラブルを解消しようと、独自の方法で行ってしまうと、トラブルが悪化する可能性があります。

まずは、自分のお肌タイプのチェック方法をご紹介します。

今すぐお肌タイプをチェック!

チェック方法は簡単です。正しい洗顔方法と共に解説していきます。

  1. まず、顔を濡らす。
  2. 水を加えながら洗顔料を泡立てる。この時に、あまりたくさんの泡を立てる必要はないので手早く行う。
  3. 皮脂の多いTゾーンから洗顔する。肌をこすらないように、中指と薬指のハラを使って優しく泡と汚れを馴染ませる。
  4. 頬やアゴなどのUゾーンに泡をのせる。
  5. 顔全体に泡をのせ、優しく撫でるように洗う。
  6. ぬるま湯でこすらないようにすすぐ。
  7. 清潔なタオルで水を軽くおさえる。
  8. 洗顔後は、化粧水や乳液などは何もつけずに20分間置く。

これで終わりです!結果を見てみましょう。

肌タイプの判定結果は…?

洗顔後の20分後のお肌の状態で、お肌タイプを判定します。TゾーンとUゾーンでは、肌タイプが異なるので、アゴや頬などのUゾーンで判断します。

  • 「ノーマル肌」:初めは少しつっぱるが、その後自然に潤う
  • 「乾燥肌」:肌全体がつっぱる
  • 「オイリー肌」:皮脂がべたついてくる
  • 「オイリードライ肌」:べたつきとツッパリ感がある

お肌タイプ別!スキンケア方法とは

お肌タイプ別!スキンケア方法とは
出典:byBirth

お肌タイプ診断、いかがでしたか?あなたが何タイプのお肌なのか分かりましたか?お肌のタイプによって必要なスキンケア方法が異なります。

それでは、お肌のタイプ別のスキンケア方法を解説していきましょう。

ノーマル肌

ノーマル肌は、水分量が多く、皮脂量が少ないタイプです。お肌の保湿力があるので、化粧水や乳液をつけなくても、つっぱることはほとんどありません。お肌トラブルが比較的起こりにくい理想的なお肌です。

そんなノーマル肌の方は、お肌は健康的ですが、間違ったスキンケアを行っていると肌荒れが起きることもあります。お肌に刺激の強い界面活性剤が多く含まれたクレンジング剤を使ったり、ストレスがたまったりしないように気を付けましょう。

紫外線対策や、化粧水と美容液での基本的なスキンケアを行うことが重要です。

オイリー肌

オイリー肌は、水分が多く皮脂も多いタイプで、お肌がテカテカしやすいことが特徴です。べたつきが見られ、ニキビができやすい方が多いです。

そんなオイリー肌の方は、「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水を使用すると、お肌のテカリを抑えることができます。オイリー肌でも、保湿は必須です。油分が少なく、「セラミド」という保湿成分が配合されている美容液を、テカリが出やすい部位を中心に塗るようにするとお肌が整います。

乾燥肌

乾燥肌は、水分も皮脂も少ない状態です。お肌がカサカサしており、ツッパリ感があることが特徴です。お肌のバリア機能が低く、敏感肌になりやすいのが乾燥肌の方です。

そんな乾燥肌の方は、保湿力が高い「セラミド」が配合された美容液を積極的に使用しましょう。また、クレンジング剤を見直し、界面活性剤が少なく、お肌に優しいタイプのクリームタイプに変えてお肌に刺激を与えないことが重要です。

オイリードライ肌

オイリードライ肌は、水分が少なく、皮脂が多い状態です。皮脂は沢山出るのに対して、水分を保持することができずに、お肌が水分不足になっています。べたつき感があるのに、テカテカする部位とカサカサする部位が混合している場合が多いです。ニキビなどのお肌トラブルが一番起きやすい肌タイプになります。

そんなオイリードライ肌の方は、お肌に水分を与える為に「セラミド」が配合されていて、油分が少ない美容液を選びましょう。Uゾーンは特に乾燥しやすいので、念入りに保湿すると良いです。

肌タイプは、誰でも変化するって本当?

肌タイプは、誰でも変化するって本当?
出典:byBirth

お肌のタイプは、年齢や環境によって変化していきます。加齢とともに、お肌の水分量が減っていくのです。

思春期になるとオイリー肌になってニキビができやすくなり、20代頃からオイリードライ肌になり、どんどん乾燥肌に近づいていきます。従って、自分が今どんなお肌状態なのかを知り、変化に気づき、スキンケアを見直していくことが美肌をつくる上で必要不可欠です。

また、睡眠不足やストレス、紫外線、行ってきたスキンケア方法によってもお肌の環境は変化していきます。今一度、自分のお肌のタイプをチェックし、正しいお手入れができるように心がけていきましょう。

自分にあったスキンケアでトラブル知らずのお肌に

自分にあったスキンケアでトラブル知らずのお肌に
出典:byBirth

いかがでしたか?今回は、お肌タイプ別のスキンケア方法をご紹介しました。

今、抱えているお肌トラブルを改善していく為には、今自分がどのようなお肌状態なのかを把握することが必要です。まずは、お肌タイプをチェックし、どの部位に何の成分が必要なのかを見極めましょう。

そして、自分にあったスキンケアを行い、お肌をこすらず負担をかけない習慣を身に着けていくことができれば、誰でも美肌を手に入れることができます。諦めずに実践してみてくださいね。

情報提供元:GODMake
記事名:「お肌のタイプ別!お肌トラブルを解消するスキンケア