マスクが手放せない毎日ですが、毎日のマスク着用により肌が荒れてきた方も多いのではないでしょうか。これから益々気温が上がり、今まであまり体験したことのない真夏のマスクとのお付き合い…。

マスク蒸れによるゆらぎはリセットし、ほんの一手間で肌荒れを防ぎ、目指すは、マスク要らずで外に出られる頃には過去1のツルピカ肌!!

肌荒れを防ぎ、快適なマスク生活始めましょう。

マスクのサイズを見直す

マスクのサイズを見直す
出典:byBirth

マスクで肌荒れする時は、摩擦が原因であることが多いです。ピッタリと思って着用していても、実は小さいのかもしれません。

私自身も女性用サイズを使用していたのですが、摩擦による肌荒れを改善したくて1サイズ上げたところ、肌荒れが落ち着きました。

苦しくなくても、1サイズ上のマスクを試してみてください。

通気性の良いものに変える

通気性の良いものに変える
出典:byBirth

マスク不足も解消されてきて、マスクの選択肢が増えたと思います。通気性の良いもの、また冷感効果のあるマスクを選ぶと、肌荒れを防ぐだけでなく、気温が高くても快適に過ごせます。

洗って繰り返し使えるものが多いので、環境にも経済的にも優しいです。

マスクの中にコットンを入れる

コットンを入れることで汗を吸収し、マスクの中の乾燥を防ぎます。

汗がそのままになるとニキビの原因に、乾燥は言わずもがな、様々な肌荒れの原因です。

シルコットのコットン
出典:byBirth

このシルコットのコットン、サイズがマスクに入れるのにピッタリです。

スキンケアは労りケア、保湿を重視する

マスクの中で汗をかくことによる乾燥、蒸れによるターンオーバーの乱れで、ゆらぎ肌に。ゆらぎ肌にはあれこれ投入せずに、一旦リセットし、肌を労るケアや保湿に徹してみましょう。

抗炎症効果のあるもの、保湿重視のアイテムがオススメです。

ALBION 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル

コンディションを崩しがちなゆらぎ肌に、潤いを与えながら肌を整えてリセット。マスク蒸れだけでなく、季節の変わり目にも頼りになる化粧水です。

SAM’U PH センシティブクリーム

油分と水分のバランスを取り戻し、最適なコンディションに整えてくれる水分クリーム。水分をしっかり含んだしっとり感はみずみずしくてベタつかず、だけどしっかり保湿力のあるクリームです。

油分によるベタつき、もたつきが無いので、朝のスキンケアにもぴったり。

アユーラ バランシングプライマーα EXI

ゆらぎ肌を整えてくれるアユーラのアイテム。毎日のマスク蒸れで不安定な肌も、水分と皮脂のバランスを整え、ゆらぎを抑え込んでくれます。

潤い効果だけでなく、ハリや弾力効果も期待できます。

マスクの下のベースメイクは、必要最低限且つ綺麗魅せ

マスクの下のベースメイクを重ねると化粧崩れしやすいので、トーンアップ効果のあるクリーム類を塗って、薄くフェイスパウダーで抑えるだけの、軽めのベースメイクで仕上げるのがオススメです。化粧崩れを防ぎ、ファンデーション無しでも肌を綺麗に明るく見せてくれます。

うっかりマスク焼けするのを阻止するためにも、SPF入りのものを選びましょう。

ランコム UV エクスペール トーン アップ ローズ

これ一本でUVケア、トーンアップができ、絶妙なピンク色で肌の透明感爆上がり、顔色がパッと明るくなります。

発売当時から愛用していて、これまではお休みの日にこちらの一本で済ませていたのですが、マスク生活になり普段使いしています。マスクの下でも崩れづらいのでオススメです。

Dr.Jart+ シカペアリカバー

脱ファンデできる!と人気のフェイスクリーム。マスクで肌荒れしている方に、今回1番お勧めしたいアイテムです。紫外線をカットし、くすみや赤みをカバーしながらも、刺激を受けた肌を回復してくれる効果が。

トーンアップし、程よいカバー力があり、SPFもしっかり入っているので、朝のスキンケアの最後にデイクリームとして使用していますが、ファンデーション要らないのでは…?!と錯覚を起こすほど、これ1つで肌が綺麗に見えます。

まだまだマスク必須、制限ある日々が続きますが、綺麗な肌は、女性のモチベーションアップの1つ。先の見えない状況だからこそ、毎日のケアで肌荒れ悩みを捨てて、少しでも快適に過ごせますように。

情報提供元:GODMake
記事名:「マスク蒸れによるゆらぎ肌リセット!毎日マスク生活の肌づくり