週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(8/28〜9/3) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-182743/


①産業・製造業向けバーチャルイベント「ROKLive Japan 2020」が9月末まで開催!

VRニュースイッキ見_産業・製造業向けバーチャルイベント「ROKLive Japan 2020」が9月末まで開催!

新型コロナ禍により導入が進むテレワークですが、オフィスワーカー以外では業務の性質上導入が困難とされています。

そこで、「製造現場にもテレワークを!」をコンセプトにした、バーチャルカスタマーイベント「ROKLive Japan 2020」が8月28日から9月30日の期間開催されることになりました。

イベントを主催するのはロックウェル オートメーション ジャパンで、基調講演やテクニカルセッションなどを通じて、職場や家庭から気軽に、かつ安全に産業用デジタルトランスフォーメーションを体験することができるとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-182569/

②AR演出を実現!リアルタイム映像合成システム「KeyMaker Lite RS」提供開始

VRニュースイッキ見_AR演出を実現!リアルタイム映像合成システム「KeyMaker Lite RS」提供開始

8月31日、エム・ソフトからどこでも手軽に人物の切り抜きが可能なリアルタイム映像合成システム「KeyMaker Lite RS」がリリースされました。

「KeyMaker Lite RS」は、距離センサーと映像処理技術により、クロマキーセットなど特別な設備を使用せずに、映像の中から対象人物を切り抜き、リアルタイムで本格的に映像合成することができます。

VR/MRデバイスやデジタルサイネージと組み合わせることで、遠くにいる人物がまるで目の前にいるかのような映像表現もできることから、エンタメ現場やオンライン授業、イベント等のデジタルサイネージとしての活用が期待されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-182590/

③160社以上に採用された体感教育VRがレンタル可能に!「安全体感VRトレーニング」運用開始へ

VRニュースイッキ見_160社以上に採用された体感教育VRがレンタル可能に!「安全体感VRトレーニング」運用開始へ

積木製作は9月1日、VR訓練・研修システム「安全体感VRトレーニング」の、法人向けレンタルサービスを9月初旬より開始することを発表しました。

「安全体感VRトレーニング」は建設現場などの作業現場の危機管理や技術をVRで学ぶことができるもので、各業界の専門企業からシナリオの監修や現場撮影の協力を得て開発されたものです。

すでに行われたテスト運用では80社もの企業が「満足」という評価をしており、今後も建設業界を中心に問題となっている人手不足が原因の技術継承問題の解決を目指したいとしています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-182641/



④ピーターラビットなど名作をARで楽しめる英語図書アプリ「ARマジカルライブラリー」登場

VRニュースイッキ見_ピーターラビットなど名作をARで楽しめる英語図書アプリ「ARマジカルライブラリー」登場

KDDIはエンタメサービス「auスマートパスプレミアム」に、100冊以上の世界の有名出版社の英語図書を、ARや3D技術を活用して楽しめる「ARマジカルライブラリー」を追加することを明らかにしました。

「ARマジカルライブラリー」は、 3歳から15歳の子どもを対象とした世界最大のAR/3Dライブラリーアプリで、ピーターラビットやピノキオといった有名童話などが各ページごとに動きのついたキャラクターで楽しめます。

そのほか、キャラクターとの写真撮影機能やAR知育コンテンツもあるARマジカルライブラリー」は9月1日よりauスマートパスプレミアム会員向けに提供されるとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-182652/

⑤今年のXRクリエイティブアワード最優秀賞は「バーチャルマーケット4」が受賞!

VRニュースイッキ見_今年のXRクリエイティブアワード最優秀賞は「バーチャルマーケット4」が受賞!

9月2日、株式会社HIKKYは同社が主催した世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット4」がXRクリエイティブアワード最優秀賞を受賞したことを明らかにしました。

今回6回目の開催となる「XRクリエイティブアワード」は、XR市場における先端技術の共有とクリエイターの認知向上を目的に、XR技術を利用したクリエイティブ作品やサービスを表彰するイベントです。

「バーチャルマーケット4」は、VR空間で出展者と来場者がアバターを通して3Dグッズやリアル商品を売り買いできるバーチャル物販・展示会で、日本国内はもとより海外からも多くの来場者が集まったことで話題となっていました。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-182683/

まとめ

今週後半も幅広い分野でVR/ARの話題が登場しました。

特に物販・展示会のバーチャルイベントに関するものが印象に残ります。

大規模イベントが困難になっていく中で、エンタメ分野でバーチャルの世界に活路を見出す例が増えていますが、今後はビジネスでもバーチャルイベントが増えていきそうです。

これまでバーチャルには向かないと言われていた分野・業種も新しい発想でバーチャル世界に足を踏み入れることになると思われます。

そのような例が増えていくと、「もう一つの現実」としてのVRがますます発展・充実していくことが期待できそうですね。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!








The post VRニュースイッキ見!【後編】「今年のXRクリエイティブアワード最優秀賞は『バーチャルマーケット4』が受賞!」など注目記事を振り返り!! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRニュースイッキ見!【後編】「今年のXRクリエイティブアワード最優秀賞は『バーチャルマーケット4』が受賞!」など注目記事を振り返り!!