株式会社アドウェイズは、Web ARを活用した新しい体験型広告「AR カメラフィルター広告」の提供を開始したことを発表しました。


「AR カメラフィルター広告」とは?

「AR カメラフィルター広告」は、専用アプリのインストールが不要で、ユーザーがスマートフォンのブラウザ上で顔を認識して映画のキャラクターになりきることやブランドの世界観を体験できるようなフィルターを楽しむことができる全く新しい形の体験型広告です。

ブランドオリジナルのARフィルターを提供することで、ARを通じて、バーチャル体験やブランドの世界観を訴求していくことが可能となります。

ARを活用することで商品やブランドの魅力を、よりリアルに訴求することができます。

ARについて

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは、際の景色や映像に3DやCGなどで作るデジタル情報を加え、現実世界に仮想現実を反映(拡張)させる技術です。

スマートフォンの普及に伴って、広告領域での活用も増加しています。

日本でもこの春から運用が開始された5GやARグラスなどが普及することで、さらにARの活用シーンも増えていくことが期待されています。



配信の仕組み

「AR カメラフィルター広告」は、アドウェイズ社の100%子会社であるUNICORN株式会社が提供する全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN MODE:ENGAGEMENT」で配信ができます。

UNICORNでは、ターゲティング毎にキーワードグループを作成し、ターゲットとなるユーザー層の興味関心などのセグメントによる広告配信に加え、配信コンテンツ内の文脈に沿ったコンテキスト広告ターゲティングを、Cookieに依存せず実施しています。

また、配信実績やエンゲージメント実績を元にした独自のアドフラウドプロテクションや配信先の取捨選択、正しい指標で本質的な意思決定をサポートしています。

デジタルアドの可能性を拡げ、全く新しい形でのユーザーコミュニケーションをリッチクリエイティブで実現します。

また、フラウドを除く本質的な指標と機械学習によるハイブリットな広告配信エンジンにより、ブランドイメージを毀損することなく、本当に興味を示したユーザー群へ効率的で効果的な広告配信が可能です。

UNICORNには、

KPI達成を重視した広告配信を行う「パフォーマンスモード」

デジタルアドを活用してユーザーとの接触機会を増やす「エンゲージメントモード」

2種類がありますが、「AR カメラフィルター広告」は「エンゲージメントモード」で利用することができます。

UNICORNとは

月間買い付け可能トラフィック5,000億impを超える国内最大級の全自動マーケティングプラットフォームです。

SSPとのRTB取引の中でリアルタイムにインプレッションの価値を予測し、UNICORN上で展開される各キャンペーンにとって最適な価格での自動入札を実現しています。

詳細:UNICORN 公式サイト

まとめ

アドウェイズグループは、市場のニーズにいち早く対応し、世界各国で効率的で実用的な広告マーケティングサービスを提供することで、世界中から「なにこれ すげー こんなのはじめて」と言われることを目指しています。

ブランドの世界観や映画に入り込むような体験ができるAR広告は、魔法のようで「スゴイ」ですよね。

ソース:「AR カメラフィルター広告」に関するプレスリリース[PR TIMES]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「ARによる新しい体験型広告「AR カメラフィルター広告」登場