決まり手はなんですかね、突き倒しか頭捻りでしょうか。 動画のタイトルは「Cat Chases Dog」、要は猫が犬を追いかけるところがメインイベントになるわけですが、大相撲中継でこなれた目には追いかけた時点で勝敗は決しているのでありまして、必然的に決まり手が気になる次第です。それではそろそろ取り組みの結果をご覧あれ。
とあるお宅の玄関先で、見つめ合う黒白の猫と小型犬。全身から早く出て行けオーラを発しながら近づく猫に対し、好奇心旺盛な犬はじっと身を伏せ飛びかかるタイミングを測る作戦です。 猫と犬との絶対防衛圏が交わり、とうとう犬は突撃体制に。猫の方はじっと動かぬままカメラに目を向け避難せよとのアイコンタクト。周辺の緊張もじわじわと高まります。 いよいよ時間いっぱい待ったなしとなったところで先に飛び出たのは犬。頭を低く相手の懐を狙いますが、猫の方が一枚上手でした。ダブル猫パンチで一瞬にして犬に土を着け勝負あり。勢いついでにウイニングランで犬を追いかけ、駄目押しして勝利を盤石にしたのでありました。 スローでよく見たら猫が先に腹を地面についていたかもしれませんが、物言いは付かなかったもようです。 [Cat Chases Dog/YouTube]The post 猫と犬見合って見合って時間いっぱい、わずか1秒で勝負あり first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
ドアノブを勝手に開けちゃう賢き猫、暖炉を求めて2つの戸を開け
いち早く撫でられたいと顔に出る猫、念願叶って変な寝相に
九州の温泉旅館の看板猫たち、看板覆って自己をアピール

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「猫と犬見合って見合って時間いっぱい、わずか1秒で勝負あり