縞々の小兵が挑むよ大物に、下手で投げられかわいがられ
この形…舞の海vs小錦戦で見たことある…! 猫の出稽古を受けて立ったのは、子どものカンガルー、もしくはワラビー。細身の異種力士の対決の軍配はどちらにあがるのでしょうか。かわいがるほうもかわいがわれるほうも、どっちもかわいいかわいがりをご覧あれ。
仲良しのモフモフ同士のじゃれ合い稽古で、二足歩行のカンガルーの胸を借りる四足歩行の茶トラ猫。ジャンプで鋭く喉元を狙っているようですが、厚い胸板に阻まれてモッフモフの胸に顔を突っ込んでいるようにしか見えません。 がっぷり四つに組まれると、試合巧者のカンガルーは下手投げで見事に切り返し、それでも負けじと再び体勢を整えて飛びかかる猫。決して背面や側面から攻め込まず正面から飛び込む姿勢は、潔さを感じられるとともに、いかに胸のモフモフが気持ちよいかを視聴者に伝える結果となっております。 [Kangaroo VS. cat fight/YouTube] The post 縞々の小兵が挑むよ大物に、下手で投げられかわいがられ first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
1900年頃のガラス乾板から、美しき猫の姿と彩りを職人技で見事再現
ぎこちないカンガルーの手の毛づくろい、体を横たえ猫は寛ぐ
泡風呂に浸かる飼い主に困惑する猫、触れると分かり一安心

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「縞々の小兵が挑むよ大物に、下手で投げられかわいがられ