来年は猫出初め式で幕開き、浮世絵猫の2021年カレンダー
子年でも丑年でも干支がなんであれ、猫年の開幕を高らかに告げる毎年恒例のカレンダーの最新作が登場であります。 猫本専門書店「吾輩堂」謹製の2012年丑年カレンダーが絶賛予約受付中とのことであります。毎年猫ジャーナルでも紹介しておりますが、前年とガラッと雰囲気は変わって今回のテーマは浮世絵。
表紙から猫々しさ満載でありまして、1月は猫の出初め式。「新板浄瑠璃合」と「新板階のりのづ」の猫浮世絵を組み合わせた、なんともおめでたい構図です。 店主の大久保さんいわく「コロナ禍を吹き飛ばす勢いのめでたさです」とのこと。来年の話をすると鬼が笑うと申しますが、来年の初っぱなは猫の笑い顔でスタートするわけでありますから、いい年になること間違いなしであります。
気になるお値段は税込みで1650円。吾輩堂ネットショップほかAmazonにても販売中です。いずれの購入窓口でも送料は別途になりますのでお含み置きください。 トランプ大統領も回復され、どこまで本気だか分からないTwitterガチバトルを繰り広げつつ株価を上げる手腕が復活するようお祈りする次第です。 [2021年吾輩堂オリヂナルカレンダー「浮世絵暦 猫じゃ猫じゃ」/吾輩堂] The post 来年は猫出初め式で幕開き、浮世絵猫の2021年カレンダー first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
約4年ぶりお目見得叶った「班猫(はんびょう)」に、会いに出かける芸術の秋
折り紙で作る猫顔の指輪、黒でも白でも15ステップで
前モデルから1割余り計量化、キジトラ・黒・白の折りたたみ自転車

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「来年は猫出初め式で幕開き、浮世絵猫の2021年カレンダー