軽やかにシュートを次々好セーブ、白黒柄のゴールの守護神
今ごろは観戦の思い出を語っているはずだった、2020五輪のサッカーチケットをお持ちの皆様にこちらの動画をお届けします。 シュートした飼い主の悔しがる顔も見どころとなっております、愉快痛快なゴールの守護神による好セーブシーン集であります。
テレビゲームもリアルサッカーも、イギリスのサッカー大好きYouTuber、@ChrisMD氏がTwitterにアップしましたのは、自宅の飼い猫とのシュート合戦動画。 ボレーシュートもヘディングシュートも、華麗なジャンプとパンチングで次から次へとはじき飛ばしゴールを死守する白黒猫。フェイントシュートだって動体視力の優れた猫にとってはお茶の子さいさいであります。 ChrisMD氏はこの敗因を、ドイツの守護神Manuel Neuer(マヌエル・ノイアー)に因んで、猫の名をMeownuel Neuer(ニャヌエル・ノイアー)と名付けたことだと推察しております。 [Chris Dixon vs. “Paw-nathan Quick”/YouTube]

【関連記事】
姿の見えぬくせ者の存在に気付く猫、救出依頼で飼い主を呼び
指先でシッポの付け根を撫でられて、猫はわめくよスキャットで
食べ残しは廃棄させない前提の猫、無言でカリカリおかわり催促

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「軽やかにシュートを次々好セーブ、白黒柄のゴールの守護神