着実に距離を詰め行く茶トラの新入り、懐柔されちゃう先住猫 センパイの厳しい目付きと、新入りの惚けたあくびとのコントラストが、いろいろ物語っております。 可愛い子猫が先住猫の心を、少しずつ、でも着実に開いていくハートウォーミング映像を連休の箸休めにどうぞ。
10歳のセンパイ先住猫Johnsonと新入り茶トラのBulmaの出会いは、ありがちな形で始まります。怖い物知らずのやんちゃな子猫の行動のすべてが気に入らないJohnson君に、ことある毎にシャーされておりますが、子猫が故にそれにまったく物怖じしないというか動じてくれないBlumaちゃん。シャーされてもシャーされてもパンチを食らってもシャーされても、Johnsonと遊びたい一心で飽くことなく寄ってくるのであります。 眼前でシャーと威嚇されてもどこ吹く風。シャーの代わりにあくびで返すところを見ていると、実は大物なんじゃないかとさえ思えてくる始末であります。そうして、何度シャーされてもへこたれずに迫っていった結果、飽きたのか慣れたのか、はたまた心を許したのか、Johnsonとの距離は着実に縮まってきます。 近寄るのさえも嫌がっていたJohnsonが、「近くに寄るのまではいいけど」「シッポに触るだけならいいけど」「ただくっつくだけならいいけど」と、許容範囲をジワジワと広げる様子がハッキリと分かり、表情も段々と柔和な顔になっていくのでありました。 [Kitten meets 10yr old cat/YouTube]

【関連記事】
2か月ぶりに帰宅の飼い主を見た猫たち、顔を見合わせ一瞬怪しむ
若さが故の激しい眠気に襲われた猫、皿へのダイブをかろうじて回避
迫り来る睡眠欲求に従う猫、着信拒否も全力で

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「着実に距離を詰め行く茶トラの新入り、懐柔されちゃう先住猫