猫は狙うよ弦の真剣白刃取り、チェロの調べに頭を揺らして 真剣白刃取りの「白刃」とは抜き身の刀のことであります。 チェロが奏でるメロディよりも弦の動きが気になり、真剣白刃取りを狙う黒猫の模様を記録した動画をご覧あれ。
クリスティーナさんが練習するチェロの側にチョコンと座った白黒猫の名はRikki君(フルネームはRikki-Tikki-Taviとのこと)。怪しく不規則に目の前を右往左往する、弦の先っぽが気になって仕方ない様子であります。 弦の動きに気を取られて、Rikkiの頭も右往左往。飛び上がりざまに何度も真剣白刃取りを試みますが、心頭滅却度合いが足りないのか、すべて空振りに終わってしまいます。強引に前向きに解釈するのであれば、見事な演奏にスタンディグオベーションを禁じ得ないのかもしれません。 ちなみに、チェロが弾いている曲の元ネタは、こちらこちらです。 [Cat mesmerized by cello/YouTube]

【関連記事】
睡眠時だけに見られる新生物、尻付き合わせる猫と犬
揺れ動く見えない敵に挑む猫たち、ウオーターベッドに乗ったらこうなる
数珠つなぎのウサギに迫り来られる猫、来そうで来なくて困惑顔

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「猫は狙うよ弦の真剣白刃取り、チェロの調べに頭を揺らして