読みかけのページの上にひょっこりと、猫が顔出す栞の作り方 すぐどっかに行ってしまうことも多いですが、猫の栞となるとなおさら足が早くなる可能性も否定できません。 ドル紙幣サイズの紙で手作りできる、本から猫がひょっこり顔を出す、お手軽お手製栞の折り紙レクチャー動画を見つけてきましたので、今日が月曜日という現実から遠ざかりたい方にお勧めいたします。
以前紹介した、猫お年玉をはじめ、多種多様な折り紙動画をアップされているYouTubeチャンネル「NProkuda」で公開されていましたのが、レプリカ1000ドル紙幣で作る、猫のお顔の栞であります。 例によって、映像のみで折り方の一部始終が解説されているため、英語はようしらん方でも止めつ進めつしながら見ていけば、いつの間にか猫栞のできあがりと相成ります。 レプリカドル紙幣のサイズは66mm×156mmでして、日本の千円札(70mm×150mm)と比べるとやや細身で長めです。英世製のブックマーカーですと、落としたときのショックが尋常ではなくなるため、実寸ドル紙幣サイズのレプリカで制作いただくようお勧めします。 [Money BOOKMARK “CAT”| Origami Dollar Tutorial DIY Folded/YouTube]

【関連記事】
猫本書評:来たるべき「猫との暮らしの新生活様式」の、道しるべ
うちの猫も赤ヘル軍団の一員に、猫のトイレにカープコラボモデルが登場
食べるほど猫が助かる「甘ニャッ豆」に、愛猫写真がパッケージになるタイプが登場

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「読みかけのページの上にひょっこりと、猫が顔出す栞の作り方