image:秒刊SUNDAY

毎日暑くて嫌になってしまうような天気が続いています。食欲もなくなってきて夏バテなってしまっている人はいないでしょうか。そして、疲れが溜まってきている体のために、酸っぱいものを無性に食べたくなるときがあると思います。そんな状況にも打って付けの、麺つゆとお酢だけで夏野菜を飛躍的に美味しくする方法を試してみました。

麺つゆとお酢だけで夏野菜を美味しくする方法

暑くて食欲が減ってきて、料理を作るのも面倒。そんな時は「麺つゆ」と「お酢」を用意しましょう。1:1で混ぜたら、焼き目をつけた野菜や肉を漬け込むだけで完成。酸っぱさが食欲を倍増させてくれるとのことです。これだけ簡単で美味しいならやってみるしかありません。

麺つゆとお酢で夏野菜をアレンジしてみた

image:秒刊SUNDAY

夏野菜と、肉も相性が良いとのことなので用意しました。

image:秒刊SUNDAY

食べやすい大きさに切って、フライパンで焼き色でつくまで焼いていきましょう。

image:秒刊SUNDAY

焦げないように焼いたら、麺つゆとお酢を1:1の割合で用意します。

image:秒刊SUNDAY

こんなにお酢を入れちゃって酸っぱくなりすぎないかと不安ですが、このまま進んでいきましょう。

image:秒刊SUNDAY

一晩漬け込んでおきました。全体的に味が染みて綺麗に色づきました。

image:秒刊SUNDAY

見た目も涼しげでサッと食べられそうです。夏野菜は鮮やかなので見栄えも良いですね。

image:秒刊SUNDAY

あれだけお酢を入れましたが、ほどよく酸っぱくてとても美味しいです。ポン酢よりも気持ちパンチの効いた味わいです。このまま食べても美味しいですが、ご飯の上に乗せて丼にしたり、ソーメンなどと組み合わせて食べても間違いなく美味しいでしょう。

ぜひ、暑くなってきた今のうちに作ってみることをオススメします。

他にも夏ぴったりのひんやり飯「やっこめし」が野菜好き歓喜の味でした。

情報提供元 : 秒刊SUNDAY
記事名:「 麺つゆとお酢だけで夏野菜を飛躍的に美味しくする方法