yahoo

超手抜き「やけくそハンバーグ」でハンバーガー、市販のハンバーガーがいらなくなるレベル

2022.09.08 12:00
rss 秒刊SUNDAY
オモシロ
コメントする
image:秒刊SUNDAY
一年半ほど前に、ひき肉をそのまま焼き上げるという荒技でハンバーグを作る「やけくそハンバーグ」がバスりました。なぜかそのことを思い出し、ハンバーガーを作ってみたら、エグいレベルの激ウマハンバーガーが爆誕!とにかく簡単、5分で出来る「やけくそバーガー」を作ってみて欲しい、マジ美味いから。

調理時間5分、やけくそバーガー爆誕

やけくそハンバーグを知らない方のために説明しておくと、通常ハンバーグって繋ぎを使ったりこねたりするじゃないですか。その工程を全部すっ飛ばして、ひき肉をそのままフライパンで焼いてしまうのが「やけくそハンバーグ」なのです!発案者は筆者じゃないけれど……。
とりあえず材料2個分です。
やけくそバーガー 材料(2人前)
・バンズ 2個
・お好きな挽肉 200g
・カット生野菜 半袋
・とろけるチーズ 2枚
塩胡椒(もしくは万能スパイス) 適量
塩胡椒はアウトドアスパイス「ほりにし」で代用することにしました。カット野菜はレタスと玉ねぎ推奨。万能スパイスをお持ちでない方は、ナツメグがあるといいかもしれません。まあ無くてもいいんですが。その辺りも「やけくそ」です、なんとかなれーッ!
image:秒刊SUNDAY

あっという間に……出来るんだぜ!

さあ、フライパンでひき肉を焼くんだ!中火推奨だけど、途中で蓋をして中まで火を通してくれよな!これだけは絶対に守って欲しいお約束だぞ。
image:秒刊SUNDAY
味付けは、あのアウトドアスパイス「ほりにし」だ!塩胡椒+ナツメグあたりでも可、なんなら塩胡椒だけでもOK。好きにやっちゃってくれ。
image:秒刊SUNDAY
ひき肉を焼いている間に、バンズに野菜を乗せましょう。好きな野菜でもちろんかまいませんが、筆者としてはレタス必須スライス玉ねぎがあると最高。なので、先述の通り「レタス&玉ねぎ」のカット野菜をカットくといいよ。聞き流せ!!
image:秒刊SUNDAY
両面焼いたら、半分に分けてとろけるチーズを乗せるんだ!バンズなどいらねぇ!というワイルドな貴方は、ここで食べてしまってヨシ!考えるな、感じろ!
image:秒刊SUNDAY
チーズがとけたら、バンズに乗せて挟むだけ。はみ出しても大丈夫、むしろはみ出せ!
image:秒刊SUNDAY
何も気にしなくていい、たったの5分で完成だ!もうスッゲーいい匂いなの……たまらん。
image:秒刊SUNDAY

さあ、遠慮なく喰え!うめえぞ!!

勘の良い方なら気づいたと思うますが、今回の記事は「ジャックバウワー」ではなく、どきどきキャンプの岸学さんの声をイメージして書かせていただいています。理由などない!考えるな、感じろ!
image:秒刊SUNDAY
このぐらいはみ出していた方が、絶対に美味いはず。
image:秒刊SUNDAY
もう後先考えず、とにかくガブっといっちゃって欲しい。肉はもうステーキ肉が如く肉肉しいし、チーズと合わさるとマジで記憶がぶっ飛ぶレベルで美味いから!何も考えないでひたすらがっついて欲しいやけくそバーガー、実は1個あたりの原価……150円以下なんですわ。
image:秒刊SUNDAY
四の五の言わずとにかくガブっと喰ってくれ!どうやったってウマいし、めちゃくちゃ簡単に出来るので普段料理をしない方にもおすすめ!2個で腹がはち切れそうだ……ごちそうさま!
元祖
  • 「やけくそハンバーグ」の作り方はこちら
  • をご覧ください。考えた人、マジで天才!
    \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間