image:pixabay

さて今年の梅雨も始まり、ジメジメとした状況が続く・・・そんな懸念をしている方も多いのかもしれませんが、毎年気になるのが、梅雨明けの時期です。梅雨明けは例年であれば7月24日ぐらいとされております。しかし今年はちょっと状況が異なるようで、もしかしたら、もうすぐ速攻梅雨明けがされてしまうのではないかと言われております。そんな事があるのでしょうか。

梅雨明けとは

さて、例年であれば梅雨明けは、東海地方・関東地方で在れば7月24日頃とされております。それ以外の日数は以下の通りとなっております。

沖縄 7月10日ごろ
九州 7月24日〜25日ごろ
四国 7月25日ごろ
中国 7月25日ごろ
近畿 7月24日ごろ
東海 7月24日ごろ
関東 7月24日ごろ
北陸 7月24日ごろ
東北 7月25日〜31日ごろ

Source:tenki.jp

つまり7月中旬頃が目安とされております。ということで今後更に雨脚が強くなり、災害なども増えていく・・・と予想されますが、実はそうでもないのかもしれません。

実を言うと梅雨はもうだめ

河津お天気キャスターによると、最終兵器彼女のセリフにならって、どうやら梅雨は後2〜3日で終わると予報。その後と猛烈な猛暑がやってきます。

ちなみに最終兵器彼女とは高橋しん先生による漫画で以下のセリフがネットでも人気となっております。

実を言うと地球はもうだめです。突然こんなこと言ってごめんね。 でも本当です。2、3日後にものすごく赤い朝焼けがあります。 それが終わりの合図です。程なく大きめの地震が来るので気をつけて。 それがやんだら、少しだけ間をおいて終わりがきます。

引用:最終兵器彼女

情報が混在しわかりにくくて恐縮だが、単刀直入に言えば、梅雨はもう終わりだ。ということです。

海外のテレワークの放送事故も話題だが

コロナ禍ということでソーシャルディスタンスを保ちつつ、熱中症に気をつけるというダブルでの問題に対処する必要がありそうだ。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「実を言うと梅雨はもうだめです。天気予報士のツイートが話題に