image:秒刊SUNDAY

みなさんは「カレーライス」が食べたくなったとき、どこで食べるのでしょうか。ココイチやゴーゴーカレー、近所のネパールカレー屋さんなんて方も多いと思うのですが、穴場なのは牛丼チェーン店。その中でも特に美味しいと思ったのが「すき家」のカレー。その「すき家」のカレー、レトルトでの販売が開始されたということなので、持ち帰りのカレーと比較してみました。

すき家の「レトルトカレー」新発売!

3月3日、あのすき家のカレーがレトルトになりました。お値段は税込330円、すき家の店舗で購入することが出来ます。店舗で食べるあの味がそのままレトルトになっているのでしょうか、これは楽しみです!

参考:すき家のレトルトカレー「横濱欧風ビーフカレー」

すき家で「レトルト」と「持ち帰りカレー」を購入

朝早い時間にすき家に到着、早朝なので他にお客様はいらっしゃいませんでした。

image:秒刊SUNDAY

レジ横には「横濱欧風ビーフカレー」のパッケージが。お店の方に伺ったところ「かなり売れていますよ」ということでした。比較のためにこちらの「レトルトカレー」と持ち帰りで「横濱欧風ビーフカレー」「並ごはん」を購入。

image:秒刊SUNDAY

「レトルトカレー」と「持ち帰りカレー」を比較します

「レトルトカレー」と「持ち帰りのカレー」を比較。「レトルト横濱欧風ビーフカレー」は330円、「持ち帰り横濱欧風ビーフカレー」は480円と150円の価格差になります。並ごはんは160円なので「レトルト+ご飯」で490円、ご飯を購入すると逆にレトルトの方が10円高くなります。

image:秒刊SUNDAY

比較のために同じ器にカレーを移し替えようと思ったのですが、その前にレトルトカレーを温めないと・・・

image:秒刊SUNDAY

温めたら、器にカレーを移し替えます。

image:秒刊SUNDAY

正直どちらも同じ「横濱欧風ビーフカレー」だと思っていたのですが、明らかにレトルトカレーの方が色が薄いのです。量は全く同じ230gでした、一人前としてはかなり多め。

image:秒刊SUNDAY

どちらもシャバッシャバのカレーはトマトの酸味が効いたかなり本格的なカレーですが、味にも少々差があります。レトルトに比べ、持ち帰りのカレーはより酸味が強くなっているような気がします。。どちらもいわゆる家庭的なカレーとは真逆のタイプですが、日本人好みのクセの少ない味に仕上がっています。

image:秒刊SUNDAY

両者は「具」の違いが大きく、レトルトはかなり大きめの具がゴロゴロしているのに対し・・・

image:秒刊SUNDAY

持ち帰りはほぼ溶けていて、目立った具はほとんど残っていません。もしかしたら、この辺がルーの色の差になっているのでしょうか。

image:秒刊SUNDAY

【横濱欧風ビーフカレー「レトルト」と「持ち帰り」の違い】

レトルト・・・色薄め、具がゴロゴロ、酸味弱め

持ち帰り・・・色濃い、具は溶けている、酸味強め

どちらかと言われれば、圧倒的にレトルトのほうが好み。家でご飯が炊けるのであれば、味も具も値段もレトルト+炊きたてご飯がベスト。同じ味かと思っていたので、少々驚きました・・・このレトルトカレー、330円はかなり安い!

レトルトカレーの効率的な温め方はこちら!あっという間に温まるので、光熱費の削減に貢献出来るかも。

source:すき家

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「3/3新発売すき家のレトルトカレー、持ち帰りの”横濱カレー”と比べてみた結果