お好み焼き

image:秒刊SUNDAY

食物繊維も豊富で、ミネラルなども含まれているヘルシーなオートミール。メーカーによって多少差異はありますが、常温で賞味期限が約1年程度と長いのです。災害時に強い保存食で便利かつ、少ないグラム数でもお腹がいっぱいになるので理想的な非常食でもあります。今回、警視庁がTwitterで投稿したオートミールで作るお好み焼きを作ってみました。

警視庁直伝レシピ

とても、美味しそうですね。筆者はオートミールが美容に良いと人気に飛びつきましたが、調理法が悪かったのか、モソモソした食感で食べきれず、余っていたのでこれは試すしかないと、期待で心躍りました。

〇材料(1人前)

お好み焼き

image:秒刊SUNDAY

・千切りキャベツ80g・たまご1個・オートミール30g・顆粒和風だし小さじ1・豚バラ肉スライス適量

豚バラ肉は、今回は豚小間切れ35gで作ってみました。お好みで量を調整してください。

〇レシピ

1、オートミール30gに水100mlを入れて、混ぜてください。その後、ラップをして600Wのレンジで3分程度加熱してください。
2、千切りしたキャベツ80g、たまご1個、顆粒和風だしを小さじ1杯入れてよくかき混ぜる。
3、フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、具材を入れ、その上に豚バラ肉をのせて5分程度焼いてください。その後裏返し、フタをして弱火で10分程度焼いてください。
4、ソース、マヨネーズ、鰹節、青のりをかけて完成です。

引用:警視庁

お好み焼き

image:秒刊SUNDAY

具材をよく混ぜ合わせ、熱したフライパンに油をひき、焼いていきます。

お好み焼き

image:秒刊SUNDAY

ジュジュ~とお好み焼きが焼ける、心地良い音がキッチンに響きます。美味しそうな香りも漂ってきました。

そして、お肉をトッピング、より美味しそうな見た目に。まるで、お肉のお花畑の様です。

お好み焼き

image:秒刊SUNDAY

5分程度焼いたら、裏返し、フタをして10分程度焼き上げます。

じゃ~ん。こ、これは美味しそう!

お好み焼き

image:秒刊SUNDAY

そして、お好みでソース、マヨネーズ、かつおぶし、青のりをトッピングすれば完成です。

お好み焼き

image:秒刊SUNDAY

これは美味しいやつです、香りと見た目で分かります。もう~待ちきれません。

いただきまーす。パクッ、パクパク・・・。一口食べたら、またもう一口食べたくなる程の美味しさ。

キャベツの食感と、生地のふわふわ加減が相まって、もうたまりません。本当にこれ、オートミール?と分からない位です。

あの、オートミールのモソモソした食感が苦手だった筆者、これはその食感が皆無です、良いですね。とても美味しいです。毎日、リピートしたくなる味わいです。

オートミールって調理の仕方でこんなにも美味しいのですね。これからは、我が家の備蓄食料品の1品としてオートミールが仲間入り決定です。

2024年に発行される新紙幣の1万円札の顔、渋沢栄一氏の大好物がオートミールだったそうです。美味しすぎて毎日食べていたようで、当時、その味を知っていたなんて驚きですね。

オートミールと言えば糖質制限でもピザが食べられる、オートミールピザの作り方も話題になりました。

Source:警視庁

情報提供元 : 秒刊SUNDAY
記事名:「 警視庁直伝レシピ、オートミールでお好み焼きを作ってみた