image:秒刊SUNDAY

節分に食べる食事といったら、恵方巻きを挙げる人も多いのではないでしょうか。その年の恵方を向いて、しゃべらずに一気に食べきると縁起が良いと言われています。ローソンでも来年の節分に向けて恵方巻きの予約販売のアナウンスが公式から発表されました。しかし、鬼滅の刃とのコラボ商品という事で値段が高すぎてヤバいと話題になっているのです。

ローソンさん、鬼滅の刃コラボ恵方巻きを予約販売

ローソンから予約販売される鬼滅の刃の恵方巻き。

予約期間は2020年12月15日(火) ~2021年1月27日(水)18時までとなっており、数量限定で発売されることから鬼滅ファンが買い求めそうな気がしますね!

具材は『天かす=伊之助』『善一=厚焼玉子』『炭治郎=炭火焼鳥』と、鬼滅の刃のキャラクターをイメージしたラインナップとなっています。

伊之助が天かすなのは天ぷらが好きだから、善一が厚焼き玉子なのは色合い的に、炭治郎と炭火焼鳥は『炭』繋がりではないかとネット上で話題となっていました。

鬼滅ファンなら是非とも食べてみたい恵方巻きですが、なんとお値段が高すぎて狂気の沙汰と話題になっているのです。一体いくらなのかというと・・・。

鬼滅の刃恵方巻き、1,345円で高すぎると話題に

なんと、恵方巻きが1本1,345円と強気すぎる値段!

高級な魚介がたっぷり入っているくらいの恵方巻きのお値段設定ですが、実は日輪刀をモチーフにしたお箸が付属されており、恵方巻きとお箸がセットになったお値段だったのです。

image:秒刊SUNDAY

オリジナルお箸で恵方巻きを食べよう!と公式さんはアピールしていますが、「ローソン鬼滅の刃恵方巻き1345円高いわ」「恵方巻きは箸で食べない」「恵方巻きに箸ってどういうこと?」「箸は別売りにして欲しい」「日輪刀の箸は洗いにくそう」「1,000円は箸代だな」と、ネット上にコメントが寄せられていました。

その一方で、「日輪刀の箸付き、予約する!」「お箸欲しい!」「箸だけ欲しい!」と、カッコ良すぎる日輪刀の箸が欲しいという声もみられました。

ローソン×鬼滅の刃コラボ商品についてご紹介しましたが、秒刊ライターのSS.ナオキがGU×鬼滅の刃コラボ商品を購入しに店舗へ訪れたところ、とんでもない衝撃的な結末になりました。

source: ローソン

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ローソンさん、鬼滅の刃コラボで恵方巻きを予約販売、値段が狂気すぎてヤバいと話題に