image:秒刊SUNDAY

実は以前から食べてみたかったとんかつ屋さんがあったのですが、残念ながら閉店の知らせが舞い込んできたため行けずに悔しい思いをしていました。しかし!そのとんかつ屋さんが復活したとの情報が!そのとんかつ屋さんの名前は「君に、揚げる。」・・・分厚いとんかつと爆盛りのキャベツという情報は本当だったのでしょうか。

上野駅から徒歩圏内、稲荷町にある「君に、揚げる。」

池袋と錦糸町にある「君に、揚げる。」はランチを中心に行列の出来る人気店。事前情報によると、場所的に稲荷町の夜間が穴場だそうなので実際に空いている時間を狙って行ってみます!ツイートによると「嬉嬉豚ロースとんかつ定食」のランチは税込み1,000円のようですが、筆者が訪問する夜間は1,200円です。

稲荷町の駅から、わずか徒歩3分!

上野から東京メトロ銀座線で1駅、稲荷町駅に着きました。「いなりまち」と読みがちですが「いなりちょう」ですよ。上野方面からだとこちらの3番出口に出ることになります。浅草から来る場合は、大通りの反対側の出口から出ることになるので迷わないようにお気をつけください。

image:秒刊SUNDAY

地上に出ると目の前が交差点なので、信号を渡ったらそのまま3分ほど進むだけ!

image:秒刊SUNDAY

東上野六丁目のバス停が見えてきたらもう少し・・・あっという間に「君に、揚げる。」に到着です!

image:秒刊SUNDAY

店頭には今日のおススメが掲示してありました。

image:秒刊SUNDAY

いよいよ念願の「君に、揚げる。」に入店!

夜間だったこともあり並んでいる人はいなかったものの、店内はテーブル席を中心にかなり混んでいたため店内の雰囲気を撮影することは断念。筆者は比較的空いているカウンターに通されました。注文は機械で決済は現金のみ。LINEPayとPayPayのQRコード決済は準備中の模様。

image:秒刊SUNDAY

「嬉嬉豚ロースとんかつ定食」に無料オプションの「キャベツ大盛」を付けて待つことにしましたが、かなり混んでいたこともあり注文してから出てくるまで若干時間がかかりそう。揚げたてを食べさせてくれるとんかつ屋さんなので仕方ないですね、冷たいほうじ茶を飲んでゆっくり待ちましょう。

image:秒刊SUNDAY

遠くでおじいちゃんに「上弦の鬼」について激しく語る子どもの声が聞こえます。「うん、童磨は上弦の参じゃなくて弐だよ・・・」筆者は心の中で優しくツッコミました。そんな一人遊びをしていると、10分ほどで本日の主役「嬉嬉豚ロースとんかつ定食」が到着・・・え?なんかピサの斜塔みたいなの来たんですけど!

image:秒刊SUNDAY

なんか30㎝くらいのタワーキャベツが来ました・・・すげぇ。

image:秒刊SUNDAY

とりあえず、キャベツは後回しにして「とんかつ」にいってみましょう!脂が乗った「嬉嬉豚(うれうれぶた)」のとんかつは、脂の甘みともちもちの食感!粗目のパン粉でカラっと揚がっているそのお味は・・・今まで食べたとんかつの中でも間違いなくトップクラス!

image:秒刊SUNDAY

頭の中が「とんかつウマい!」と「とんかつDJアゲ太郎!」のふたつがリフレインしています・・・完全に思考停止しました、ウマすぎて。文字に起こすと「サクっサクッ!ジュワっっっ!モチモチムニュ!」です!!何度でも書きますが、本当に脂の甘みとサクサク感がスゴイ!

image:秒刊SUNDAY

激盛りキャベツが止まらない!

とんかつの美味しさが伝わったどうかはわかりませんが、とんでもなく美味しかったのでキャベツに移動します!とんかつソースをかけて一気に食べますが減りません!

image:秒刊SUNDAY

ドレッシングもあるので味変しました。フレンチっぽくて美味しいのですが、やっぱりとんかつの付け合わせキャベツにはとんかつソースの方が好みです。もう付け合わせって量じゃないですけどね・・・

image:秒刊SUNDAY

実はキャベツは文字通り山のように積まれているため、上部を食べても次々とキャベツが顔を出してきます!シャキシャキしてて甘みもあって最高に美味しいキャベツなので、いくらでも食べられそう。もうご飯の代わりにとんかつでキャベツを掻き込みます・・・本当に全部ウマすぎる!

image:秒刊SUNDAY

延々と食べ続けますが、キャベツが減った気がしません。こんなに美味しいのに減らないという感覚は味わったことがないです・・・ただ、全力でキャベツがウマい!とんかつもウマい!

image:秒刊SUNDAY

ひたすら食べていきます・・・こんなに生キャベツを食べたのは生まれてはじめてかも。

image:秒刊SUNDAY

最後の一口を食べきった時、何か寂しい思いが溢れたのはなぜなのでしょうか・・・

image:秒刊SUNDAY

キャベツの秘密をちょっとだけ・・・

あまりにキャベツが美味しかったため店主さんに話を伺ったところ、こんな答えが返ってきました。

・大盛キャベツの量はかなり大きなキャベツ半玉以上

・実は取り寄せたキャベツを3日間熟成させてから出している

・熟成させることによって甘みが増して、エグみが少なくなる

・嬉嬉豚と同じくらいキャベツに力を入れている

ニコニコしながら嬉しそうに語ってくれた店主さん。そりゃ何喰っても美味しいわけだ!まだ触れていなかったのですが、こちらの「あさりのお吸い物」も磯の香り満点で料亭で出てくるレベルでした。これが肉厚すぎるとんかつに合う!最高っ!

image:秒刊SUNDAY

とんかつとキャベツだけでなく、お吸い物からごはん・・・そして接客に至るまで間違いなくパーフェクト!1,200円でこんな思いが出来るとは驚きです!必ずまた来ることを誓いつつ・・・ごちそうさまでした!

世の中にはクセの強すぎるBGMのとんかつ屋さんもあるようですが、「君に、揚げる。」さんは・・・BGMの印象が残っていません!BGMって印象に残らないくらいが正解なのかも。

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「コスパ最強、分厚すぎる嬉嬉豚のとんかつ&キャベツ爆盛りを食べに行ってみた