image:秒刊SUNDAY

iPhone12がいよいよ発売され、新しいiPhoneとともに始まる5Gの時代。高速通信が可能となれば今までのような、ユーチューブが重い!なんてことも解消されると期待するも、どうせまたすぐ重くなるんじゃないかという、半信半疑の状態ではあります。そんな中、こちらの問題がネットで話題となっております。

ブルーの色が違いすぎる

ということで話題となっておりますのは、iPhone12のブルー。公式では群青色といいますか、少し落ち着いたブルーと言った感じではあります。いわゆる「和」のカラー。日本人も大好きな色合いではあります。

そんな色と期待した結果、写真のような、真っ青の色だったということで、購入者の顔も真っ青になる問題が起きているということです。

ということで実際にそのブルーを確認してみました。

iPhone12
https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-12

image:秒刊SUNDAY

こちらが公式の色合い。少し落ち着いたブルー。
そして、こちらは昨日手にしたiPhone12

image:秒刊SUNDAY

いかがでしょう、SNSで問題になっているような真っ青という状態ではないようにも見えます。光の加減にもよるのかと思いますが、この写真は一切加工していない無補正の写真ですので参考にしていただければと思います。

もう少しわかりやすく比べてみます。

image:秒刊SUNDAY

ここから見てみると、それほど遜色のないようにも見えますが、どちらかと言うと実機は、WEBのものよりも、かなり艶があるように感じます。

そのへんの好みは人それぞれでありますので、もし購入を検討されている方が入れば、実際に店舗で確認してみると良いでしょう。

恐れていた問題が現実になったiPhone12

デザイン重視の方もいるので、色の問題は更に増えてくるでしょう。

Source:Apple

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「iPhone12ブルーの色が、公式と全然違うと大炎上、調べてみた結果