スーパーカップ大盛りいか焼そば

image:秒刊SUNDAY

2019年3月をもって一旦終売した「スーパーカップ大盛りいか焼そば」が、コンビニ限定で復活したのが2021年4月。「いか焼そば」が大好きだった筆者にとって、本当にありがたい復活劇でした。そんな中、ふらっと立ち寄ったスーパーにコンビニ限定であるはずの「大盛りいか焼そば」が98円(税別)で売っていたのです……。一体なにが起こったのでしょうか。

「スーパーカップ大盛りいか焼そば」コンビニ限定復活から4ヶ月

惜しまれつつ終売した「スーパーカップ大盛りいか焼そば」が復活したのが2021年4月19日。復活に心を踊らせた人も多いのではないでしょうか。しかし、取り扱いコンビニが少ないことや、税別240円という価格など手軽に買える環境ではなくなっていたのも事実です。

参考:スーパーカップ大盛り「いか焼そば」&「大盛りいか天ふりかけ付きやきそば」

「大盛りいか焼そば」がスーパーで税抜98円!?

コンビニ限定で、価格は税抜248円のスーパーカップ大盛りいか焼そば。なぜか近所のスーパーで発見してしまいました。しかも価格は98円!コンビニ限定なのに、なぜ普通のスーパーにあるのでしょうか。

image:秒刊SUNDAY

スーパーの店員さんに聞いてみたところ「突然入荷があったんですよ、詳細はわかりません」ということで、残念ながら詳細はわからず。

image:秒刊SUNDAY

さらにエースコックのお客様相談室に確認をとらせていただいたところ「現在でもコンビニエンスストア向けに出荷しております、スーパーでの販売については弊社の方ではわかりかねます」とのことでした。

コンビニ限定「大盛りいか焼そば」は、なぜスーパーで売られていたのか

大昔スーパーで仕入れを担当し、割と最近までスーパーのレジメンテナンスをしていた筆者が仮説を立ててみます。今わかっているのは下記2つだけ。

・メーカーは「コンビニ限定」として卸している
・実際に「スーパー」で販売されていた

上記から考えられるのは問屋がスーパーに卸すということなのですが、流通を考えると「大手コンビニ」が地方のスーパーに卸す理由は全くありません。むしろコンビニの売上を考えると、限定商品をスーパーに卸すのはデメリットしかないのです。

image:秒刊SUNDAY

それらを踏まると、コンビニオーナーとスーパーの責任者や仕入れ担当者が同一人物、もしくは親類や知人の可能性が浮上します。コンビニで売れ残ってしまいそうな商品を大幅値下げして、スーパーに並べるということが考えられるのではないでしょうか。(今回購入した商品の賞味期限は3ヶ月弱でした)

image:秒刊SUNDAY

また、スーパーで販売するために単価の高いコンビニ商品を「わざわざ」仕入れることは考えにくいですよね。どちらにしても、コンビニ限定商品ではなく普通に売ってくれればいいのに……。というのは「大盛りいか焼そば」ファンである筆者の声です。

スーパーカップ「大盛りいか焼そば」はとにかくウマい!

声を大にして言いたいのは、大盛りいか焼そばがとんでもなくウマいということ。

image:秒刊SUNDAY

薄いイカの強い香り、薄っすいキャベツ、濃厚ソース、喉にくるスパイス、海を感じさせる青のり……。進化を遂げている大盛りいか焼そば、食べたことがないという人にぜひ一度味わって欲しい!

image:秒刊SUNDAY

普段コンビニで購入しているので特に目新しさはありませんでしたが、同じ味をお安くいただけて大満足。ごちそうさまでした!

偶然スーパーで見かけたコンビニ限定商品ですが、スーパーで公式に販売することは出来ないものなのでしょうか。コンビニではお湯を捨てるのに苦労するので、カップ焼きそばがあまり売れないという事情もありますし……。

スーパーでも普通に購入できる「大盛りいか天ふりかけ焼そば」も美味しいので、見かけた際はぜひ!

source:エースコック

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元 : 秒刊SUNDAY
記事名:「 コンビニ限定「大盛りいか焼そば」がスーパーで激安98円販売!その理由を調べてみた