粒ガムボトル

image:秒刊SUNDAY

粒ガムのボトル、手を入れて取り出すことが面倒になることってありますよね。個包装のガムは1個あたりのお値段が高い上に、いちいち個包装を開封するのが面倒・・・そんなあなたに、たった110円で解決出来てしまうDAISOのグッズをお教えします。ガム愛好家の方、一度使ったらこれなしの生活は考えられませんよ!

売り切れ続出!DAISO「粒ガムボトル」がついに再販!

DAISOで今年の2月ごろ売り出された粒ガムボトル、あっという間に売り切れてしまい長らく品薄状態でした。いろんな土地のDAISOを覗いても手に入らず、正直あきらめかけていたのですが・・・5月に入って再販されているのを見つけて、思わず即買いしちゃいました!

image:秒刊SUNDAY

「粒ガムボトル」実際に使ってみた評価・・・最高だろこれ

パッケージはいかにも「粒ガム」といった色使い。文字だけでなく色彩でも「粒ガム専用」だとわかるのは、さすが人気商品といったところでしょうか。使い方は「粒ガムを入れる」→「ボトルを持ち上げる」→「ボトルを置く」だけというわかりやすさ。

image:秒刊SUNDAY

非常にシンプルなボトル、だがそれがいい!

image:秒刊SUNDAY

ボトルガムがあればよかったのですが、あいにく個包装のガムしかありません。仕方ないので、一個ずつ開封してボトルに入れていくことにします。

image:秒刊SUNDAY

容量は20~30粒くらいなので、ヘビーユーザーの方は毎日ガムを補充していくことになりそうです。

image:秒刊SUNDAY

中は「すり鉢状」になっているため、持ち上げると真ん中の棒が下がってガムが中央に集まります。

image:秒刊SUNDAY

この状態でボトルを置くと、先程の棒がガムを乗せたまま上がってくるという仕組み。単純ではありますが、大発明と言っていいのではないでしょうか。

image:秒刊SUNDAY

今回はわかりやすくするためフタを開けたまま試したのですが、通常は一連の動作をフタを閉めたまま行うことになります。もちろんガムは「ひと粒ずつ」キレイに出てきます。

image:秒刊SUNDAY

「粒ガム以外」を入れることが出来るのだろうか・・・

ふと疑問に思ったことが・・・粒ガムボトル専用とはいえ、別のものを入れることが出来るのではないでしょうか。そう思ったらすぐにやってみるのが流儀、取り急ぎ「のど飴・グミ・ミックスナッツ」で試してみることに。まずはのど飴から!

image:秒刊SUNDAY

直径1.8cmの大きめの飴を使ったせいか、たった8個でボトルがいっぱいに・・・

image:秒刊SUNDAY

フタを閉めて試してみたところ、棒の上に乗ったのど飴がフタを押し上げてしまいました!穴の直径は2.2cmなので1.8cmの「のど飴」は通る大きさなのですが、棒の上に2個乗ってしまっていたのです・・・何度か試しましたが、2回に1回はフタが開いてしまう事態に。そもそも8個しか入りませんし、これはNGと言わざるを得ないでしょう。

image:秒刊SUNDAY

続いて「グミ」を入れてみまーす!明治「コーラアップ」ってグミ、まだ売っていたんですね。子どものころ「TVCM」が頻繁に流れていて、おやつで食べることが多かった記憶が蘇ってきました。

image:秒刊SUNDAY

結論から言うと、グミもNGでした。棒が下がってもグミ同士がくっついているため、棒が空振りする状態になるのです。ベタつきがある食べ物はどうやっても使えなさそうなので、すぐにあきらめることに。

image:秒刊SUNDAY

そして今回のキワモノ、ミックスナッツ!大きさ的にもこれはイケそうな気がするんですが・・・

image:秒刊SUNDAY

あかーーーーん!粒ガムの場合は重なっても棒が上がると滑り落ちるのですが、ミックスナッツではしっかりホールドされているので、穴から出てくる気配がありません!比較的ツルツルしているカシューナッツだけでもダメでした。これは期待していたので残念・・・

image:秒刊SUNDAY

「粒ガムボトル」適応表
・粒ガム・・・◎
・飴・・・・・✕
・グミ・・・・✕
・ナッツ・・・✕

粒ガム以外はダメなのが当たり前なんですけどね。上記を考慮してみると、下記の食べ物であればイケるような気がしてきました。うーん、この条件の食べ物って粒ガムしか思い浮かばん!だから粒ガム専用なのでしょうか・・・きっとそうですよね。

・気温による状態変化が少ないもの
・空気による劣化が少ないもの
・サラサラツルツルしていているもの
・長さが1.8cm以下で厚さが薄いもの

改めて「粒ガム専用ボトル」ということがわかりましたが、今までなかったのが不思議なほど最高に使いやすい商品でした。見つけたら2~3個買っておきたいくらい画期的な商品ではありますが、粒ガム以外に使うのは自己責任でお願い致します。

ガムといえば、かなり役に立ちそうなライフハックを思い出しました。外でガムを踏んでしまったら、こちらのライフハックでガムを除去しましょう。驚くくらいキレイに取れますよ。

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元 : 秒刊SUNDAY
記事名:「 ボトルに手を入れずに粒ガムが取れる、便利すぎるDAISO”粒ガムボトル”にガム以外で使えるモノを調べた結果