拡散中の「静岡水害」ドローン写真に「酷すぎる真実」が発覚、ネット騒然

台風15号の影響をうけて、静岡県では多くの被害を受けました。ようやく自衛隊の出動も発表され、復興へと進んでいくことが期待されます。とはいえ、現在も断水している地域もあり、まだまだ気を抜けない状況です。そんな中、とある写真がネットで拡散し話題となっております。それは「静岡の水害」という空撮写真ですが、この写真に、多くの疑問の声が寄せられております。
ドローンで撮影された静岡県の水害、実は……
さて現在出回っている「静岡の水害」という写真。ドローンで撮影されたものだということですが、詳しいことはわかっておりません。しかしここまで多くの被害が発生していれば、この地区の様子が全国ニュースで取り上げられてもいいわけですが、何故か取り上げられない。
この疑問に不自然さを感じたネットユーザは、この写真を分析。すると、様々な箇所に違和感があることが発覚。そもそも、この場所がどこの地域なのか、それすらもわからない。
つまり「空想上の写真」ではないかとツッコミがはいっていたのです。
また、この写真を投稿した本人にはコメントが禁じられており、詳しい状況は明らかになっておりません。そんな中、本人がこの写真について、とんでもない事実を明らかにしました。
フェイク写真だったことが発覚
投稿した本人には多くの質問が殺到しているようで、それに対し本人は画像テキストで一問一答。
それによると、この写真は「偽物」とあっけらかんと説明しております。
それに加えなぜこんなことをしたのかという質問に対し「大した目的はない、ここまで拡散するとは思っていなかった」などと説明しております。
また「偽情報を発信し申し訳ございませんでした」と謝罪しております。
あまりにリアルで、本物っぽい写真が出てきたことで、多くの人が「本物」と勘違いしてしまったようです。とはいえ、現時点で「断水」などにより、ライフラインが復旧していない地域はたくさんあります。
この写真がフェイクではありますが、多くの方が困っていることは確かです。今後正しい情報を入手し、できる限りの支援をしていきたい気持ちであります。

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...