image:秒刊SUNDAY

GoToトラベルキャンペーンに続いて始まったGoToイートキャンペーン。、GoToイートの目玉とも言えるのが「オンライン予約して飲食店に行き食事をすれば次回以降利用できるポイントが貰える」というもの。そしてそれを使った「無限くら寿司」なるものが流行しているということなので、実際にくら寿司に行ってきました。

話題の「無限くら寿司」ってなに?

「無限くら寿司」とは、「EPARK」というアプリ(もしくはサイト)からオンライン予約した上で来店し一人あたり昼500円以上、夜1,000円以上の飲食をすると、次回以降使える500ポイントか1,000ポイントが貰えるというもの。

image:秒刊SUNDAY

2人以上という制限があるものの、ポイントを使った飲食もポイント還元の対象となるため、夜なら一人あたりギリギリ1,000円の飲食をすれば、実質キャンペーン終了まで無料で食事が出来ることになります。初回支払った分も、最終的にはポイントで手元に残ることになる少々エゲツない方法です。

無添くら寿司で「無限くら寿司」をしてみると・・・

まず「EPARK」で予約をするところからなのですが、とにかく空き時間がほとんどありません!さすがに1週間先ならそこそこ予約出来るのですが、当日は既に満席・・・翌日以降になんとか予約することが出来ました。

image:秒刊SUNDAY

「くら寿司」で「鬼滅の刃コラボメニュー」のレビュー

予約の時間に行ったものの、とんでもない人が中で並んでおり、てんやわんやの事態でした!

image:秒刊SUNDAY

予定の30分押しでやっと座席に。さあ、食べるぞ~!!今回は「鬼滅の刃コラボメニュー(全4種類)」のレビューをしますよ。

”炭治郎のうどん” 280円

最初は「炭治郎のぶっかけうどん」という名前で売っていたのですが、ネーミングのせいで色々あったようで「炭治郎のうどん」という無難な名前に変更されていました。炭治郎をイメージさせる市松模様のかまぼこが乗っています。器も炭治郎の色って感じですね。

image:秒刊SUNDAY

美味しいのですが、味は極々平凡。濃いめのうどんつゆに冷凍と思わしきうどんで、まさにスタンダードな「ぶっかけうどん」です。甘いお揚げと市松模様のかまぼこも美味しくいただきました。

image:秒刊SUNDAY

うどんは先述の通り、良くも悪くも冷凍うどん。モチモチで美味しかったので、280円ならアリかな。

image:秒刊SUNDAY

続いては唯一の握りですね!

”鬼滅の刃にぎり3種盛” 200円

これは子どもメニューといったところ。鬼滅の刃の柱シートの上に乗っています。

image:秒刊SUNDAY

たまご焼きの上にマヨコーンが乗っています。美味しいとは思いますが、お寿司として食べるのはちょっと・・・本当に小さなお子様向けかと。たまご焼きがかなり小さいのも気になりました。

image:秒刊SUNDAY

次はまぐろのアボカド乗せ。ハッキリ書きます・・・アボカド外して食べたほうがいいです!一緒に食べる必然性を感じません!普通のマグロなので美味しいんですけどね。子どもは好きなのかなぁ、これ。

image:秒刊SUNDAY

最後はイベリコ豚の大とろ。これは甘いタレがたっぷりかかっていて美味!でもイベリコ豚って温かいほうが美味しくいただけるような気がします。アリといえばアリですが、これも寿司である必要があるのかは疑問。

image:秒刊SUNDAY

食べ終わると「柱のコラボシート」を持って帰ることが出来ますが、イベリコ豚にかかっていたタレが付いているので、ウェットティッシュ等を持参した方が安心です。200円の内訳は、お寿司100円、シート100円といたところでしょうか。

image:秒刊SUNDAY

次はドリンクメニュー。

”乳酸菌ウォーター” 180円

なんの変哲もない乳酸菌ドリンクですが、カルピスやアンバサとはかなり違う味わい。氷で薄まっているのが残念ですが、さっぱりしてて味は悪くありません。

image:秒刊SUNDAY

紙コップには「柱」が勢揃いしてます。時期的に、火柱である「煉獄杏寿郎」が中心にきてますね。

image:秒刊SUNDAY

180円は正直高いかも。こちらは紙コップに100円くらい出している感覚でした。プラスチックなら嬉しいのですが。

image:秒刊SUNDAY

最後はデザートです!これは上がります!

”禰豆子のたっぷりベリーアイス” 280円

少々小さめですが、ビジュアルも含めてテンション上がります!禰豆子のシートもきれいな状態で付いてくるので、小さなお子さんも大喜び!のはず。

image:秒刊SUNDAY

まずビジュアルがいい!硬めのコーンが器になっているので、最後まで美味しくいただけます!

image:秒刊SUNDAY

ホイップクリームとソースがたっぷり、ピスタチオが香ばしくていい味を出しています。アイスは普通のバニラではなく、トルコアイスみたいにもっちりしていてかなり美味!ベリーソースもかなりイケてる!

image:秒刊SUNDAY

ベリーは全て冷凍でちょっと酸っぱいかも。すぐに食べないで、5分くらい置いてから食べると甘みが増しそう。

image:秒刊SUNDAY

「鬼滅の刃コラボメニュー」を4種食べてみましたが、禰豆子のたっぷりベリーアイスが圧倒的に美味しかった!そして「ビッくらポン」の当たりは「無一郎」でした。

image:秒刊SUNDAY

ここまで書いておいてアレなのですが、鬼滅の刃コラボって10月31日までだったんですね・・・再度コラボ希望!

ここからが「無限くら寿司」です!

さて、筆者は2人で食べに行ったので合わせて2,000円以上食べれば、2,000ポイントをもらうことが出来ます。レシートを貰ったら、「EPARK」のGoToイート特設ページでレシートの写真をアップするだけ。筆者の場合は1時間程で2,000ポイント貸与されていました。

image:秒刊SUNDAY

「無限くら寿司」は無事に出来るのでしょうか・・・

翌日、「無限くら寿司」が出来るかどうか試すべく再度「くら寿司」を訪れました。

image:秒刊SUNDAY

この日はポイントを消費して、再度ポイントを貰うということになります。1人は対象外なので、2人以上で一人あたり1,000円以上の支払いが必須となります。ということで、ただ普通に食べるだけ・・・あら汁がとんでもなくウマい!

image:秒刊SUNDAY

くら寿司って、かなり安くて美味しいんですよね。1000円あれば、かなりお腹いっぱいになります。

image:秒刊SUNDAY

お・・・ビッくらポン当たった。

image:秒刊SUNDAY

と思ったら、「鬼滅の刃」コラボ商品が品切れしてて、謎の景品が・・・笑

ということで、2日目も「くら寿司」を堪能させていただきました!2日目のお支払いは昨日いただいたポイントで・・・2,000円分ポイントで支払って、超えた分は現金で支払いました。

image:秒刊SUNDAY

そして昨日と同じようにレシートをカメラで撮って申請すると、約30分で2,000ポイントが戻って来ました。これを繰り返し行うことで「無限くら寿司」が可能になるというわけです。

image:秒刊SUNDAY

「無限くら寿司」は確かに存在しました。しかし、お店に損害がないとはいえ多用するのはなんとなく気が引ける制度ですね。テレビのワイドショーでは「くら寿司」や、GoToイートの管轄である「農林水産省」がルール違反ではないと言っているとのことでした。

鬼滅の刃ブームとGoToイートの効果で予約が取れないほどの人気となっている「くら寿司」ですが、普通に食べても安くて美味しいのは間違いありません。キャンペーンの反動がなければいいのですが・・・

くら寿司の鬼滅の刃コラボでは、秒刊SUNDAYの他のライターが「ビッくらポン」にチャレンジしていたのですが、ひと筋縄ではいかなかったようです・・・

source:くら寿司(GoToEatキャンペーン)

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「GoToイートで無限くら寿司、鬼滅の刃コラボメニューを全品レビュー