image:秒刊SUNDAY

冬に入り、当初から懸念れされておりました、本格的な風邪の流行が始まりつつあります。日本でもそうですが、海外でははやくも大流行の兆しが見えており、いち早くワクチンの開発が求められるわけです。そんな中、ウイルスの侵入を防ごうと、あらゆる手がこうじられているわけで、こちらのスーパーも同じような状況です。

コロナバリケードで客を入店阻止

ということで、こちらイギリス大手のスーパー「テスコ」の様子です。バリケードが張られ、もはや客は進入禁止と言わんばかりの様子。これには客も憤慨。しかしながらイギリスでは現在ロックダウンが行われ、生活必需品など一部の商品を除き、販売停止。

当然、暖かいコートなどは生活必需品ではないので除外。そのためこのような、店は空いているが、一部コーナーは入れないという、中途半端なオープンとなっている。

しかしこのバリケード、とある物品で柵を作成したところ、客から大クレーム。そのとんでもないものというのがこちら・・・

コロナビール。

コロナ禍に、コロナビールで客をブロック。まるで客がコロナ扱い。そんな印象さえするわけですが、案の定このバリケードが大炎上し、テスコに壮絶なクレームが入っているようです。

その結果、コロナビールから、バドワイザーに変更されたようですが、何れにせよビールケースでバリケードを作るしかない、この危機的状況は変わらぬ模様。

何れにせよ、ロックダウンが行われた場合、店側は何らかの防御策はこうじなければないので、この対策は致し方ない。

ビールと言えば老化防止作用があると話題ですが

日本でも、万が一生活必需品以外は購入不可となった場合、コロナビールバリケードが日本でも見られるのでしょうか。

Source:DailyMail

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「某スーパー、コロナビールで客をブロック、大炎上