image:秒刊SUNDAY

宮崎駿監督の名作、未来少年コナンの最終回がNHKで毎週月曜の午前0時10分(※日曜深夜)から放送されていましたが、遂に最終回が放送されました。コナンの大冒険、そして涙の第26話「大団円」に感動した方も多かったと思いますが、本来の放送時間とは違う時間に放送されてしまったが故、コナンファンがざわつく事態となってしまったのです。

未来探偵コナン、最終回が放送

あらすじ

最終戦争で地球は荒廃し、人類は絶滅の危機に…。

20年後ようやく自然がよみがえってきた世界。 のこされ島には、おじいとコナンが二人だけで暮らしていた。

ある日、コナンと同年代の少女ラナが島に流れ着く。
他にも人間が生きていることを知って喜ぶコナンだが、科学都市インダストリアの兵士たちがやってきて、ラナはさらわれてしまう。

ラナを助けるため、コナンの大冒険が始まる。

source: NKH 未来探偵コナン

ジブリで有名な宮崎駿監督の作品という事もあり、今見ても色あせない素晴らしい作品ですが、深夜に放送されていたためリアタイ勢よりも録画をして見るという人も多いようです。

しかし、最終回の『大団円』は、本来の午前0時10分からではなく、『大阪都構想 住民投票開票速報』の放送が延長されたため未来少年コナンの放送0時45分にずれ込む事態となってしまいました。

これにより録画が出来なかった人達から「大阪都構想の緊急番組のせいで未来少年コナン最終回撮れてないぃ!」「うあぁ!あの後、放送しとったんかー!番組表では消えとったやんけー!」「受信料払ってるんだから、最終回だけでも再放送望んで良いやろ」と、悲劇のコメントがネット上に寄せられていました。

大阪都構想が破れてしまった吉村都知事、そして未来少年コナンの最終回録画に失敗してしまった方達。双方共に悲劇の一日となってしまったようですね。

source:NHK 未来探偵コナン

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「コナン最終回が放送、ファンがざわつく事態に