イラクの首都バグダッドの中心部で3日未明、2回の爆発があり、200人以上が死亡した。ラマダン(断食月)明けの休日を前に買い物客でにぎわうカラダ地区で、爆弾を積んだ冷蔵トラックが爆発し、同国史上最悪の自爆攻撃となった。
 過激派組織「イスラム国」(IS)が、インターネット上で犯行声明を出した。ISは先月末、主要拠点だった首都西方のファルージャをイラク政府軍に奪還されたばかり。

(イラク、バグダッド、6月5日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)