はじめに

ハウスミュージックに合わせてプロの職人がマグロを解体する人気イベント「マグロハウス」が、11月23日、関西・和歌山に初上陸します! 食も音楽も楽しめる異色のイベント、ぜひ一度足を運んでみてください。 マグロハウスとは?

マグロハウスとは?

「マグロハウス」とは、DJがかけるハウスミュージックに合わせてプロのマグロ解体職人によるマグロ解体ショーが行われる異色のイベントです。2015年12月に渋谷のclub asiaで初開催した際は、SNSを中心に話題を集めて約500人が集まりました。その後も船フェス「夏クル」や、新宿歌舞伎町の伝説の人気ホストクラブ「愛本店」で開催され、年々盛り上がりを見せています。

マグロの解体という日本ならではの伝統と、ハウスミュージックやダンス。正反対のところにありそうな二つの融合は、海外からも注目を集めています。 関西初上陸!

関西初上陸!

関西初上陸となる「マグロハウス」は、 2018年11月23日に、和歌山県で行われる光のフェスティバル「フェスタ・ルーチェ」内で開催されます。和歌山はマグロの解体ショー発祥の地とも言われているので、期待も高まりますね。

さばいたマグロはなんと、その場で刺身として参加者全員にふるまわれます。ハウスミュージックとダンス、そして新鮮なマグロのお刺身を一度に楽しむことができるんです。 「マグロハウス」今年の見どころ

「マグロハウス」今年の見どころ

今回注目したいのは、和歌山県の水を使ったお酒「鶴梅柚子」やクラフトビール「平和クラフト」を生産している「平和酒造」の協賛により、肉厚で甘みのあるマグロにぴったりのお酒をすべて500円で楽しめること。地元のお酒を飲みながらマグロを食べて踊る……今までにない体験になること間違いなしです。

今回のイベントチケットにはマグロの刺身と「フェスタ・ルーチェ」の入場券がついてきます。前売り券の方が500円ほど安いので、早めの購入がお得でおすすめです。


◆マグロハウス in フェスタ・ルーチェ Drink Supported 平和酒造
場所: 和歌山マリーナシティ クラブコヨーテ
日時: 2018年11月23日(金) 18:00 〜 22:00 会場となる「フェスタ・ルーチェ」ではイルミネーションも!

会場となる「フェスタ・ルーチェ」ではイルミネーションも!

今回「マグロハウス」が行われるのは、和歌山県にある「和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ」の冬のイベント「フェスタ・ルーチェ」内です。「マグロハウス」は11月23日のみの1日限定イベントですが、「フェスタ・ルーチェ」は“冬のヨーロッパ”をテーマに、2018年11月3日から2019 年2月11日まで開催されています。

2017年は8万人を動員した人気イベントで、イルミネーションや光の遊園地、プロジェクションマッピングなどの幻想的な景色や、“本物のクリスマス”をテーマにしたクリスマスマーケットなどが楽しめます。


◆フェスタ・ルーチェ
場所:和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ
期間:2018年11月3日(土)〜2019 年2月11日(月)
   ※2019年1月7日(月)〜1月31日(木)は金・土・日・祝日のみ営業
営業時間:7:00~21:00
     ※最終入場は30分前終了
     ※クリスマスウィーク(12月15日(土)〜12月25日(火))は17:00~22:00
当日入場券:大人1,500円 子供800円

おわりに

ハウスミュージックに合わせてプロのマグロ解体職人によるマグロ解体ショーが楽しめる「マグロハウス」は、異色のイベントながら新鮮でおいしい刺身と美酒も味わえるイベントです。この機会にぜひ体験してみてください。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「ハウスミュージック×マグロ解体ショーの斬新すぎるイベント「マグロハウス」