はじめに

蕎麦屋の持つ「さびしい」イメージを「楽しい」に変えるというコンセプトのもと、大人数で蕎麦を囲む“囲み蕎麦”を提案する蕎麦屋「じねんじょ庵 青葉台店」が横浜・青葉台にオープンします。11種類から選べるつけ汁を用意するほか、自然薯料理や野菜巻き串など豊富な食事メニューがラインナップ。みんなでワイワイ食事ができるお店は、従来の蕎麦屋のイメージを変えてくれそうです。 店内にはスタイリッシュな空間が広がる

店内にはスタイリッシュな空間が広がる

蕎麦屋のイメージを覆す、おしゃれな空間が広がる「じねんじょ庵 青葉台店」。店内には、テーブル、ダイニング76席や親子三世代で食事ができる大テーブルを完備。テラス席はペットと食事ができるなど、さまざまな人々が利用しやすいお店となっています。 個性豊かな料理

個性豊かな料理

「じねんじょ庵 青葉台店」の名物は店内のSOBA工房で仕込む蕎麦と自然薯料理、野菜巻き串の3つ。

蕎麦を囲んで食べる「じねんじょ庵名物 囲み蕎麦」は、胡麻坦々だれや自然薯とろろだれ、特製すだちだれといった11種類のつけ汁から1人1種類を選ぶスタイル。

定番のつけ汁のほか、醤油だれに温玉を加えた「お子様用温玉だれ」など、幅広い世代に合わせたつけ汁を用意しています。さらに、胡麻豆乳にきのこのバターソテーと辣油のアクセントをつけた「きのこ香る豆乳バター」やネバとろ自然薯が入った「自然薯とろろだれ」といったちょっとリッチな特選つけ汁も。蕎麦を囲み、いろいろなつけ汁をシェアしながら味わえます。

「じねんじょ庵名物 囲み蕎麦」は2人前からの注文で、980円(税抜)。3人前は1,380円 (税抜)、4人前は1,680円 (税抜)。特選つけ汁は+200円となっています。 こだわりにこだわった自然薯料理には、自然薯栽培の第一人者である山口県の農家が作り出した「純薯」を使用。長いもと比べてビタミンCは約4倍、疲労回復や美肌にも効果が期待できるんだとか。

同店では「旨みたっぷりスープとネバとろ食感が楽しめる「自然薯とろろもつ鍋」 や薄造りのマグロに自然薯とろろを乗せ、巻いて食べる「まぐろと自然薯のカルパッチョ」など、自然薯の新しい美味しさを発見できるメニューを提供する予定です。 見た目も楽しい野菜巻き串は、様々な野菜を豚肉で巻いたもの。「万ネギ巻(200円/税抜)」「レタス巻(250円/税抜)」といったヘルシーなものから、「ピーマンチーズ巻(250円/税抜)」「豚バラしそ巻き(250円/税抜)」などのお酒のつまみにぴったりな一品まで、全8種を用意。好みのものを複数注文して、みんなでワイワイ食べるのがおすすめです。 そのほか、お酒のおつまみにもぴったりな逸品メニューも豊富。出汁を巻かずに、出汁をかけた「だし掛け玉子(780円/税抜)」。 じゃがいもとさつまいもを7:3の割合で仕込んだ「ほんのり甘いポテサラ(480円/税抜)」。 グランドオープンは3月1日(木)

グランドオープンは3月1日(木)

季節によって蕎麦の実の産地や銘柄を変え、常に最高の状態を保った蕎麦を提供してくれる”楽しめる蕎麦屋”「じねんじょ庵 青葉台店」。美味しい蕎麦と居心地のいい空間でみんなで蕎麦を囲むひとときを過ごしてみてはいかがですか。


◆じねんじょ庵 青葉台店
所在地:神奈川県横浜市青葉区青葉台2-10-13
電話番号:045-507-8753
営業時間:11:00~15:00、17:00〜23:00(金・土・祝前日24:00)
定休日:月曜日



情報提供元:旅色プラス
記事名:「一人蕎麦より“囲み蕎麦”!横浜に「寂しくない蕎麦屋」が誕生