はじめに

世界遺産に選ばれた白川郷の合掌造りに飛騨高山の古い街並みなど、見るべき観光スポットが数多くある岐阜県。今回はそんな岐阜県を旅する際に、宿泊先として利用したい宿を厳選してご紹介します。 岐阜県で宿泊したくなる厳選宿①こころをなでる静寂 みやこ

岐阜県で宿泊したくなる厳選宿①こころをなでる静寂 みやこ

日本三名泉のひとつに名前が挙げられる下呂温泉。ここに、贅沢なおこもりステイをするにぴったりの宿があります。

客室は全部で19室しかなく、上品な意匠を凝らした離れの客室からモダンな設えの本館15室まで、どれもこころ穏やかな時間を過ごせる空間が広がっています。そのうち、本館は露天風呂付き客室5室、離れは全室露天風呂付き。男女別大浴場には貸切露天風呂と陶器風呂を完備しているので、温泉をじっくり楽しみたい方も十分満足できるはずです。

「こころをなでる静寂 みやこ」で、大人の休日を楽しんでみませんか。


◆こころをなでる静寂 みやこ
住所:岐阜県下呂市森2505
電話番号:0576-25-3181


[tabiiro-gadget]100129[/tabiiro-gadget] 岐阜県で宿泊したくなる厳選宿②奥飛騨温泉郷 奥飛騨薬師のゆ本陣

岐阜県で宿泊したくなる厳選宿②奥飛騨温泉郷 奥飛騨薬師のゆ本陣

奥飛騨温泉にある「奥飛騨薬師のゆ本陣」は、泉質の異なる2種類のお湯を楽しめる宿です。大浴場と露天風呂でそれぞれ泉質が異なっていて、その違いを楽しみながらの湯浴みができます。

岩露天風呂は加水・ろ過・循環をしていない自家源泉100%の「薬師の湯」で、飲用できる飲泉でもあります。大浴場には岩露天風呂の薬師の湯の感触とは全く異なる「新平湯温泉」が堪能でき、他にも貸し切り温泉を完備。温泉三昧ができる贅沢な滞在が叶います。


◆奥飛騨温泉郷 奥飛騨薬師のゆ本陣
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根208-48
電話番号:0578-89-2026


[tabiiro-gadget]101590[/tabiiro-gadget] 岐阜県で宿泊したくなる厳選宿③元湯 孫九郎

岐阜県で宿泊したくなる厳選宿③元湯 孫九郎

北アルプスの麓にある小さな温泉地にひっそりと佇む「元湯 孫九郎」は、4本の自家源泉を所有し、一年を通して源泉100%の温泉を供給しています。

奥飛騨温泉郷の中でも有数の湯量を誇り、特に露天風呂は温度の異なる源泉をブレンドをして温度調節を行っているので、温泉の鮮度を失うことなく温度調節を可能にしています。
硫黄と鉄分が反応して緑褐色の濁り湯になっているところも、温泉旅気分を盛り上げてくれるポイント。湯浴み後は「温泉リビングParagon」で音楽を聴きながらリラックスしましょう。


◆元湯 孫九郎
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地1005
電話番号:0578-89-2231


[tabiiro-gadget]101538[/tabiiro-gadget] 岐阜県で宿泊したくなる厳選宿④濁河温泉 旅館御岳

岐阜県で宿泊したくなる厳選宿④濁河温泉 旅館御岳

標高1,800mの御嶽山の7合目にある濁河温泉。天空の秘湯と呼ばれ、周囲に遮るものがなにもない風景と満天の星が望める温泉地です。
今回ご紹介する「旅館御岳」では3本の源泉を用意し、加温一切なしの100%の源泉かけ流しの温泉を楽しめます。特に無力透明なお湯が気候によって白、茶、鶯、エメラルドと色鮮やかに変化するのも特徴。神秘の湯ともいわれるお湯を、心ゆくまで堪能しましょう。

160段の階段を下った先の渓谷沿いにある露天風呂は、原生林に囲まれていることから秘湯感たっぷり。混浴ですが、男女ともに水着かタオルの着用が必須となっているので、ぜひ自然に還るかのような極上の湯浴みを楽しんでみてください。


◆濁河温泉 旅館御岳
住所:岐阜県下呂市小坂町落合2376-1
電話番号:0576-62-2124


[tabiiro-gadget]101583[/tabiiro-gadget]

おわりに

有名温泉から秘境のような雰囲気を味わえる温泉まで、様々なタイプの宿をご紹介しました。好みの温泉で岐阜の旅をより充実したものにしましょう。


情報提供元:旅色プラス
記事名:「有名どころから秘境ムード感じる湯まで。一度は宿泊したい岐阜の宿4選