JR東海 373系

JR東海は、一部区間で運転を見合わせている身延線について、あす10月14日から全線で運転を再開し、通常通り運転する計画であることを明らかにした。

身延線は、内船~甲斐大島駅間で線路に土砂が流入したほか、下部温泉~甲斐常葉駅間で線路内の砕石の一部が流失していることがわかり、西富士宮~鰍沢口駅間で13日の終日運転を見合わせた。14日は富士~甲府駅間で始発列車から通常通り運転する予定。

これにより、首都圏と甲府市などの鉄道アクセスが確保される。東京と甲府駅間は、東海道新幹線と身延線でアクセスができることになる。

東京駅午前7時3分発のひかり467号岡山行に乗車し、静岡駅に午前8時3分着。同午前8時17分発の特急(ワイドビュー)ふじかわ1号に乗り継ぐと、甲府駅に午前10時30分に到着する。所要時間は乗り継ぎ時間含め3時間27分。その他の乗り継ぎでも、静岡駅経由で、特急(ワイドビュー)ふじかわ号を利用すれば概ね4時間程度の所要時間で東京~甲府駅間を移動できる。

JR東日本によれば、山梨県内の中央本線は、甲府~小淵沢駅間は始発から、大月~甲府駅間は夕方以降に運転再開が出来る見込みとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「一部不通の身延線、14日始発から通常運行へ 東京~甲府間は鉄道アクセス可能、新幹線利用で3時間台