JR東日本は、台風19号の接近にともない、あす10月12日に各新幹線の運転を取りやめる。

東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線は午前11時以降、北陸新幹線は正午以降、減便し、午後3時ごろまでにすべての運転を見合わせる。

東京を出発する各新幹線の最終列車は、東北新幹線やまびこ209号(仙台行・午後0時12分発)・やまびこ51号(盛岡行・午後0時36分発)・はやぶさ23号(新函館北斗行・午後1時20分発)、秋田新幹線こまち23号(秋田行・午後1時20分発)、山形新幹線つばさ137号(新庄行・正午発)、上越新幹線Maxとき321号(新潟行・午後0時40分発)、北陸新幹線あさま639号(長野行・午後0時32分発)・はくたか565号(金沢行・午後1時24分発)となる。

東京行きの各新幹線の最終列車は、東北新幹線はやぶさ16号(新函館北斗午前9時35分発)・はやぶさ52号(新青森午前11時15分発)・やまびこ44号(盛岡午前11時7分発)、秋田新幹線こまち16号(秋田午前10時7分発)、山形新幹線つばさ138号(山形午前10時57分発)、上越新幹線とき318号(新潟午前11時19分発)、北陸新幹線かがやき528号(金沢午前11時45分発)・あさま616号(長野午後0時27分発)となる。

13日の運転予定については、12日の午前10時30分ごろに公表するとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、12日午前11時以降に各新幹線を減便・運休