日本トランスオーシャン航空(JTA)は、「木のストロー」による機内サービスを10月1日より開始した。

持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みの一環として、国内産の杉とトドマツを原料として生産したストローで、オリジナルの刻印も施した。2020年からは沖縄産の木材を使用する。これにより、地域の森林保全や持続的な林業の活性化にもつなげたい考え。

提供便は、沖縄/那覇発福岡行きのクラスJ。製作する本数の関係上、搭載数には限りがある。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JTA、「木のストロー」を機内提供 刻印も