京成電鉄は、3000形電車の新造車両3039編成の営業運転を9月11日から開始した。

新造車両は「人と環境に優しい鉄道」をコンセプトに、2003年から導入している省エネタイプの3000形電車6両編成。4か国語(日・英・中・韓)の案内が可能な17インチLCDの車内案内表示器や車椅子スペースを設置しているほか、紫外線を遮るUVカットガラスを採用している。

同社は2018年度の鉄道事業設備投資計画で、3000形8両2編成、同6両2編成の新造・導入を発表している。9月27日には、3040編成の営業運転を開始する予定。また、2019度以降に導入する新形通勤型車両の設計に着手する。

情報提供元:Traicy
記事名:「京成電鉄、3000形新造編成の営業運転開始 2018年度中に4編成導入予定