ジェットスター・ジャパンのジェリー・ターナー最高経営責任者(CEO)は、関西国際空港からの新路線や増便について、コスト構造がネックとなっているとの見解を示した。

6月2日に成田国際空港で開催した、東京/成田〜上海/浦東線の開設記念セレモニー後の囲み取材で明らかにしたもので、「コスト構造として我々にとって好ましいものではない。」(ジェリー・ターナーCEO)として、新機材受領時には、第3拠点とすることを明言した中部国際空港からの新路線や増便を検討する。

一方で、既に乗り入れているジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空と乗り入れを計画しているジェットスター・パシフィック航空も含めて、関西エアポートと話し合いを行っていることも明らかにした。

ジェットスター・ジャパンは2019年までに28機を導入する計画で、現在は関西国際空港に4機を駐機している。需要が増加し、問題が解決することで増える可能性があるという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「関空からの新路線や増便、ジェットスター・ジャパンCEO「コスト構造がネック」