4月10日、アウディは新型コロナウイルス感染拡大の危機において、本拠地であるドイツ・インゴルシュタットから連帯を呼びかけるメッセージとして、鋼板プレス工場で開催するコンサートを4月14日午後8時(日本時間4月15日午前3時)からストリーミング配信すると発表した。

ベートーベン、バッハ、モーツァルトの楽曲で構成

 このコンサートは国際的な活動「#AudiTogether」の一環として実施するもので、人気バイオリニストでありアウディサマーコンサートの技術監督を務めるリサ・バティアシュヴィリとそのほかの著名ミュージシャンが開催する。



 リサ・バティアシュヴィリは、次のようなコメントを発表している。

「音楽は、国境を越えて人々を結びつけます。私たちは、このメッセージをアウディの本拠地から発信して、数多くの人々に未来への希望と喜びの瞬間を提供したいと思っています。この非常にユニークな場所でライブコンサートを行い、それを視聴者の方々とデジタルで共有することで、私たちは新しい視点を切り開いていきます」

 出演者はミュンヘン在住のバイオリニスト、リサ・バティアシュヴィリが、彼女の夫であり、有名なオーボエ奏者のフランソワ・ルルーとともに、4月14日午後8時(中央ヨーロッパ標準時、日本時間4月15日午前3時)からステージに登場する。



 他の演奏者は、著名チェリストのマクシミリアン・ホルヌング、彼のパートナーであり、ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ カンマーフィルハーモニー ブレーメン)のコンサートマスターを務めるバイリニストのサラ・クリスチャン、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団のソロヴィオラ奏者のヤノ リスボア。



 プログラムは「ベートーベン」「バッハ」「モーツァルト」の作品から構成。プログラムの司会者はアレクサンダー・マッツァだ。



 コンサート会場となるアウディのプレス工場では、通常、大きな騒音の中でボディコンポーネントが製造されている。アウディは、2012年および2015年にも工場でコンサートを開催し、この場所が、クラシック音楽にとって洗練された音を生み出すコンサートホールになり得ることを証明済みだ。しかし今回は、小グループのミュージシャンが、巨大なプレス装置を隔てて座ることになる。そこには、ステージもなければ、聴衆もいない。ライブストリーミング用のカメラのみが、そのパフォーマンスを撮影するだけだ。これによって視聴者は同時に、アウディ生産施設の舞台裏を垣間見ることもできる。



 アウディAGで人事および組織を担当するサビーネ・マーセン取締役は、次のように述べている。

「人と人との距離が離れていくこの時期に、音楽はこれまで以上に魂の癒しになるでしょう。隔てられた空間の中で、このようなコンサートを共同体験することで、社会の連帯感を高めることができます。アウディの従業員、お客様、そしてファンの皆様のためにこのイベントを開催してくれたミュージシャンの方々に、心から感謝します。

 このコンサートでは、十分な距離を保ち、すべての参加者の健康を守ることを最優先事項としています。新型コロナウイルスによる生産停止が解除された後も、私たちは、同様の対策によって従業員の健康を守ります」



 このコンサートはアウディ公式サイト(www.audi.com)のほか、YouYube(@Audi)やFacebook(@Audi.AG)、Twitter(@AudiOfficial)で、ライブで公開される。また、ライブストリーミングはアウディメディアTV(www.audimedia.tv)で視聴可能で、コンサート終了後も録画バージョンが視聴できる。



●アウディメディアTV

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アウディが独インゴルシュタットの本社ボディ鋼板プレス工場で開催するコンサートをライブストリーミング! 日本時間4月15日午前3時に開演