ホンダは、「延長保証マモル」に、乗用車は7年、軽貨物車は6年まで保証を延長する「長期コース」を4月1日から導入した。

 2001年にサービスを開始した延長保証マモルは、メーカー保証が終了した後も同程度の保証を、初度登録日から、乗用車は5年、軽貨物車は4年まで延長するサービスだ。

 クルマの故障発生率と修理単価は、5年目までと比較して、6年目以降上昇する傾向があり、使用期間が長くなるほどクルマの故障・修理に関するリスクは増加する。また、クルマの買い替え年数は、性能向上などを背景に年々伸びており、ホンダが実施した調査では、約6割が、次回新車を購入する場合は6年以上保有したいと回答したという。

 このような背景を踏まえて、ホンダは3回目車検まで保証を延長する新コースを設定した。新車購入時の加入とすることで、手頃な料金で長期保証を提供し、長期保有を希望するユーザーも安心してクルマに乗ることが可能となる。

メーカー保証

・一般保証:初度登録日から3年間、または走行距離6万kmまで

・特別保証:初度登録日から5年間、または走行距離10万kmまで

延長保証マモル(詳細はHonda販売店に問い合わせてください)

【コース】

 ・長期コース(New):初度登録日から、乗用車は7年、軽貨物車は6年まで保証を延長

 ・新車コース:初度登録日から乗用車は5年、軽貨物車は4年まで保証を延長

 ・車検コース:初回車検時に加入可能で、初度登録日から、乗用車は5年、軽貨物車は4年まで保証を延長※3
 ・継続コース:新車コース、車検コースの終了後、さらに2年保証を延長

情報提供元:MotorFan
記事名:「 乗用車は7年、軽貨物は6年まで保証を延長! ホンダの「延長保証マモル」に長期コースを導入