HERE Technologies(HERE)は3月24日、Microsoft Azureユーザーが、セルフホスト型のAzure環境内でHEREの位置情報サービスにアクセスが可能となったことを発表した。

 開発者はHEREの位置情報サービスの精度と規模を活用して、中核となる位置情報に関するコンポーネントを、自身が構築および管理する企業向けアプリケーションに組み込むことができる。ルーティング、ジオコーディング、マップタイルのAPIなどHEREの位置情報サービスは、アプリケーションの最も重要なプロセスに対して高い性能を確保しながら、開発者のイノベーションに必要なツールを提供する。



●フリートマネジメント(車両管理)および緊急サービス:

 ・さまざまな車両タイプ向けの安全で効率的なルート検索ソリューションを構築

 ・リアルタイムの交通事情に応じて最も効率の良いルート検索オプションを提供

●シームレスなモビリティ:

 ・歩行者や公共交通機関向けのルート検索オプションを提供

 ・交通の流れや輸送ネットワークの利便性を改善し、都市部でのより円滑な移動を支援

●ビジネスインテリジェンス:

 ・人の位置情報と移動パターンに関するトレンドや行動を理解

 ・不動産投資向けに情報を提供するために変化する市場ダイナミクスを理解

 ・保険金請求の検証や取引の認証



HEREの位置情報サービスは、可用性の高い位置情報サービスを管理、提供

したいと考えているAzureユーザーが利用できます。セルフホスト型

アーキテクチャによって、「常時接続」の位置情報サービスを用いた重要な

ビジネスアプリケーションを運用するAzureユーザー向けに、最大限の

可用性や復元力を確保します。



 HEREのデベロッパーリレーションズ担当ジェネラルマネージャーであるMithun Dhar氏は次のように述べている。「位置情報は私たちのつながる世界(コネクテッドワールド)を支えるものであり、HEREの位置情報サービスによって、さまざまな業界が複雑な問題を解決するだけでなく、価値の高い新製品や新体験を提供することができます。企業はソフトウェアアーキテクチャの柔軟性を求めています。HEREは、パブリッククラウド、セルフホスト型クラウド、ハイブリッド型クラウドの環境を運用しているお客様に堅牢で高品質の位置情報サービスを提供できることをうれしく思います」



 Azure Virtual Machine環境でのセルフホスティングには、以下のHERE位置情報サービスを利用できる。

・Routing - グローバルレベルでのリアルタイム交通情報、および統計交通情報へのアクセスおよび使用

HERE Routing: https://azuremarketplace.microsoft.com/ja-jp/marketplace/apps/heretechnologies.here_routing_sh_server

・Forward GeocoderおよびReverse Geocoder - 196カ国と包括的なカバレージを提供し、複数の地域で地理座標や住所の高精度のマッピングを提供

HERE Forward & Landmark Geocoder: https://azuremarketplace.microsoft.com/ja-jp/marketplace/apps/heretechnologies.here_geocoder_sh_server HERE Reverse Geocoding: https://azuremarketplace.microsoft.com/ja-jp/marketplace/apps/heretechnologies.here_reversegeocoder_sh_server

・Map Tiles - ライブ交通情報のフローを重ねてレンダリングしたものを含めた、鮮度の高いマップタイルを複数のスタイル(ベース、航空地図など)で表示

HERE Map Tiles: https://azuremarketplace.microsoft.com/en-us/marketplace/apps/heretechnologies.here_maptile_sh_server

 HEREの位置情報サービスは、Azure Marketplaceでサーバーレスファンクションとしても入手が可能。

最新のAzure開発者向けコンテンツについては、 HERE | Azure Marketplace( https://developer.here.com/develop/azure )を参照。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 HEREのウェブサイトより