「首都高速 横浜北西線」の開通が目前に迫ってきた。2020年3月22日16時、東名高速の横浜青葉JCTと第三京浜の横浜港北JCTを結ぶ区間の共用が開始されるのだ。すでに開通している横浜北線や大黒線と合わせ、東名高速から首都高速湾岸線が横浜市北部で一直線に結ばれることになる。利便性が大幅に向上し、周辺の交通網の渋滞緩和も期待されている。

共用開始を控えた横浜北西トンネル。(提供:首都高速道路株式会社)

保土ヶ谷バイパスの渋滞が解消される?

 待ちに待った横浜北西線の開通がいよいよ明日に迫った。横浜北西線とは、東名高速の横浜青葉JCTと第三京浜の横浜港北JCTを結ぶ延長7.1kmの自動車専用道路だ。



 この横浜北西線の開通によって横浜北線と一体となり、東名高速から横浜港までが自動車専用道路で直結されることになる。国際競争力の向上、アクセス性の向上、物流効率化、災害時等の道路ネットワークの信頼性向上、保土ヶ谷バイパス等の交通渋滞および沿線地域の生活環境改善などの効果が期待される。



 ちなみに略号は横浜北線と同じ「K7」とされた。



 武漢コロナウイルスの影響で開通記念式典は中止となるが、予定通り22日(日)16時に共用開始となる。

このほど開通するのは、横浜青葉JCTと横浜港北JCTを結ぶ区間。これで東名高速から横浜港までが一本の自動車専用道でつながることになる。(提供:首都高速道路株式会社)

 今回の横浜北西線の開通により、東京をはじめとした周辺地域から横浜へのアクセスが格段に向上するのは間違いない。



 そしてもうひとつ期待できるのが、保土ヶ谷バイパスの渋滞解消だ。横浜新道の新保土ヶ谷ICから東名高速の横浜町田ICを結ぶ保土ヶ谷バイパスの交通量は凄まじく、昼夜を問わず渋滞している。



 保土ヶ谷バイパスと並行するように走る横浜北西線と横浜北線がつながることにより、こちらの渋滞の緩和にも大きな期待が掛かっているのだ。



 開通後の周辺交通状況の変化にも注視していきたい。

建設中の横浜港北JCT。(提供:首都高速道路株式会社)

情報提供元:MotorFan
記事名:「 いよいよ明日! 3月22日(日)16時に横浜北西線が開通! 東名高速、第三京浜、横羽線、湾岸線が一気につながる