12月2日、ダイハツとあいおいニッセイ同和損保は、新型「タント」があいおいニッセイ同和損保の保険商品「ドーン!とおまかせ」の対象車に認定され、車両保険料の10%割引が適用されたことを発表した。

2020年1月1日以降の保険開始契約から利用可能

 両社は、誰もが安心してクルマと暮らしていける社会の実現に向けて、ユーザーの車両維持費の低減、なかでもクルマ社会のコストセーブにつながる事故時の修理費の低減について、共同で取り組んできた。



 この取り組みを通じて、ダイハツは「高額部品の損傷しない部位への配置」や「簡便廉価な修理方法提供と部品供給」といった改善項目を、ダイハツの新世代のクルマ作り「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の第一弾商品である新型「タント」に反映した(適用型式は「LA650S」、「LA660S」)。



 これにより、予防安全機能の進化とD&R(Damageability:壊れにくさ/Repairability:修理しやすさ)性能改善が図られた結果、あいおいニッセイ同和損保の商品「ドーン!とまかせ」の対象車に認定。車両保険料の10%割引適用が決定した。



 同保険商品の10%割引は2020年1月1日以降に開始される契約から利用できるが、車両の初年度登録年月から保険始期の属する年月までの期間が13カ月以内であることが条件となる。



 参考までに、保険料例は従来20歳(6S等級)で36万870円、65歳(20等級)で6万7250円だったのが、10%割引により、それぞれ34万990円、6万4180円になる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ダイハツ・タントなら車両保険が10%割引! あいおいニッセイ同和損保が新商品の対象車に認定