NV350キャラバンのラゲッジルームが広いのは当たり前。その広大なスペースをどのように活用するかが、使いこなしのポイントだ。ここでは詳細な寸法や、工夫を凝らしたアイテムを紹介しよう。



PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)/森 信英(MORI Shinei)

REPORT●工藤貴宏(KUDO Takahiro)



※本稿は2017年7月発売の「新型VV350キャラバンのすべて」に掲載されたものを転載したものです。車両の仕様が現在とは異なっている場合がありますのでご了承ください。

広さと使い勝手を両立した優れたラゲッジルーム設計

 NV350キャラバンのようなキャブオーバーワンボックスの使命は、ユーザーに至上の使い勝手を提供することである。その最大のポイントとなるのがラゲッジスペースだ。



 広さが求められるのは言うまでもない。そのうえで使いやすいアレンジやニーズに合った仕様、そして気の利いた仕掛けなどが重要となる。



 まずは広さから見ていこう。新型NV350(ロングボディ)の荷室長(運転席後ろのパーテーションパイプからテールゲートまでのカタログ記載値)はキャラバン史上最長(先代比+250㎜)を誇るだけでなく、ライバルの値も超えている。



 フロア長も「プレミアムGX」の2列目格納時で2375㎜と広大でたくさんの荷物を積めるのだ。



 また全長を385㎜伸ばしたスーパーロングボディや全幅を185㎜広げたワイド幅なども用意し、ニーズに応じて荷室の広さを選べるようになっている。



 基本となる低床モデルではフロアに後輪ホイールハウスが張り出すものの、「DX」グレードでは床を嵩上げして完全フラットを実現する平床モデルも選択できる。



 商用バンはユーザーが使い方に応じて荷室をカスタマイズして棚やバーなどを設置することも多い。その際に役立つのが、荷室の壁に設置された「ラゲッジユーティリティナット」。ここにボルトでフックやレールを固定できるから、カスタマイズ時に車体自体を加工する必要がない。新車に穴を開けなくても済むのは、うれしいポイントだ。

「プレミアムGX」詳細寸法

後席使用時においても、畳を積んでさらに余裕が残るフロアが用意される。車体側面やバックドアをほぼ垂直とすることで車体外寸に対する容積率が高いのも特徴。「DX」はオプションで塩化ビニールの床も選べる。

2列目格納は全体を畳んで前方に跳ね上げる方式。コンパクトに畳めると同時に、荷室への張り出しが少なく邪魔にならないのはポイントだ。2375㎜という数値は「プレミアムGX」のもので「DX」はさらに広い。

荷室寸法比較(カタログ値)

ホイールハウス寸法

ホイールハウスは上部がフラットになっている。これは棚を設置する際に、左右のホイールハウス上面に渡せるようにというアイデア。

ラゲッジユーティリティナット

ユーティリティナットは窓の下側4ヵ所を中心に、荷室天井横に3ヵ所。ホイールハウス後方に2ヵ所。スライドドアの上と後方に2ヵ所ずつが、両側に用意。純正アクセサリーと合わせて、様々な使い方に対応できるのだ。ナットは汎用性の高いM6サイズ。

ユーティリティナットには樹脂のフタが付いていて、必要なところだけフタを外してボルトを挿入する。天井、窓の下、そしてフロアの近くと上下3段でナットが組み込まれている。

レールを好みの位置にフックを固定できる「ラゲッジレール」も販売店オプションとして用意。ベルトやロープを引っ掛けて荷物を固定するのに重宝する。2万366円。

天井付近のユーティリティナットに装着し、ハンガーを掛けるだけでなく、天井から荷物を吊り下げるのに便利な「ルーフインナーバー」。1万6308円〜5万7456円。

可動部を回すことで引っかけたロープのたるみを取ることができる「ユーティリティフック」。ベルトやロープを使って荷物を固定する際に組み合わせたい。2個で2674円。

金属製で強度も高い「ラゲッジフック」。ホイールハウス脇のユーティリティナットに取り付け、ベルトを使って床付近の荷物を固定するためのアイテムだ。4個セットで7560円。

平床仕様

「平床」と低床との最大の違いは、ホイールハウスの張り出しがなく床面積を最大限に確保されること。ただし床をホイールハウスの上まで嵩上げするので床面は高くなる。フロア素材は9㎜厚のアピトン合板だ。

嵩上げした床下空間も収納スペースとして活用できる。写真はバックドア側から見たところで、奥行きは1840㎜(ロングボディ)とかなり広い。

スライドドアを開けたところも床下収納として活用できる。こちら側に間仕切りは用意されていない。

トランスポーター

ハードユースに耐えるフラットで高い強度を持つ合板フロア床張りが、日産が用意する特装車「トランスポーター」の特徴。ロンリューム加工で水汚れにも強く、バックドアエンドも耐腐食性の高いアルミ製となる。さらに、オプションでキャンピングカービルダーのオグショーとのコラボで生まれたベッドや、「ESウインドウパネル」など、さまざまなアイテムも用意される。 ※トランスポーターは改良前の車両です

情報提供元:MotorFan
記事名:「 キャンプ、サーフィン、釣り、自転車、バイク……日産NV350キャラバンをガチで使いこなすためのラゲッジルーム活用ガイド|実寸法もすべてわかる!