2018年デビューの15代目トヨタ・クラウンのRSは、先代までの「アスリート」に代わるスポーツグレードだ。今回は、ノン・ハイブリッド仕様である2.0ℓ直4ターボエンジン搭載の「RS advance(2WD )」に試乗した。スポーツグレードらしからぬ、ごくごく普通の走り、できるだけアクセルを深く踏み込まないで走ったらどうだったか。

第十五代目クラウンはTNGA GA-Lプラットフォーム

全体的にやや細長いイメージだ

 第十五代目、と聞くと、なんだか歌舞伎の片岡仁左衛門かと思ってしまうが、もちろんトヨタが誇るクラウンの最新モデルだ。2018年にフルモデルチェンジを受けた現行型はTNGAの縦置きプラットフォームのGA-Lプラットフォームを使う。パワートレーンは2.5ℓ直4NAエンジン+モーターと3.5ℓV6 NAエンジン+モーターのハイブリッドと、今回試乗した2.0ℓ直4ターボの3種類ラインナップする。今回選んだのは2.0ℓ直4ターボのRS Advanceである。もっともスポーティなクラウンであり、2.0ℓ直4ターボ搭載の最上級モデルでもある。

RSは従来の「アスリート」に代わるグレードである

 現行クラウンは、デビュー時の試乗会でターボ、2.5ℓハイブリッドに乗せてもらった。その際の印象は、ちょっと薄かった。同時に試乗したカローラスポーツの爽快さ、出来の良さに隠れて、なんとなくボヤッとした(あまり芳しくない)印象だったのだ。

 それが1年以上経ってどう変わったか、が知りたくてあらためてクラウンRS Advanceを借り出してみたの。



 借り出したのはいいが、ナンバーを見るとまさに試乗会でドライブしたのと同じ個体だった。オドメーターは1万5000kmほど。広報車の1万5000kmは通常仕様の3~4万kmといったところなので、新車で買って4年目か5年目といったところだろうか。

全長×全幅×全高:4910mm×1800mm×1455mm ホイールベース:2920mm

最低地上高:135mm 最小回転半径は5.5m
車重:1730kg(前軸910kg:後軸840kg)


 あらためて自宅ガレージに納めてみると、変わったボディ・ディメンジョンであることがわかる。全長×全幅×全高:4910mm×1800mm×1455mm ホイールベース:2920mmは、長さはメルセデス・ベンツならEクラス、BMWなら5シリーズなのに、幅はCクラスや3シリーズより狭いという、ちょっと細長いボディサイズである。「ニッポンの高級車のあり方」をずっとリードしてきたクラウンだからこそのディメンジョンなのだが、やはりちょっと華奢な感じがする。それに対して、フロントグリルの主張は強い。好き嫌いがわかれそうなデザインだが、どこからどう見てもクラウンに見えるのは、さすが、である。



 クラウンのRSグレードは、先代まででいえば「アスリート」グレードに当たるモデルで、つまりは、「オレは”クラウン”を選ぶニッポンのおじさんじゃなくて、”アスリート”を選ぶスポーツマン(あるいは、元スポーツマン)なのだ」というユーザーに向けてのクルマである(と筆者は思っている)。

 となると、ライバルはBMWやメルセデス・ベンツCクラスとなるわけだ。ボディサイズで肩を並べる5シリーズやEクラスは2.0ℓターボ搭載のクラウンとは価格帯が違う(もっと高い)。

形式:2.0ℓ直列4気筒DOHCターボ 型式:8AR-FTS 排気量:1998cc ボア×ストローク:86.0×86.0mm 圧縮比:10.0 最高出力:245ps(180kW)/5200-5800pm 最大トルク:350Nm/1650-4400rpm 燃料供給:筒内燃料直接噴射(DI)+ポート噴射(D-4ST) 燃料:無鉛プレミアム

ご興味ないかもしれませんが、これがエンジンカバー
裏側はこうなっている


カバー類をすべて取り外すとこう見える

 さて、クラウンRS Advanceが搭載する2.0ℓ直4DOHCターボは、8AR-FTS型。直噴とポート噴射を併用するトヨタ得意のD-4STを使い、ツインスクロールターボで過給する。パワースペックは

最高出力 245ps/5200-5800rpm、最大トルク 350Nm/1650-4400rpm

である。

 これを仮想ライバルの3シリーズに当てはめると、

BMW 320i 533万円(消費税10&で) 184ps/300Nm

 よりはハイスペックで

BMW 330i Mスポーツ 644万円 258ps/400Nm

 とよりやや劣るというスペックになる。



 前述したように、クラウンRS Advanceは、「ボディサイズ(長さ)は5シリーズ/Eクラス並み、エンジンスペックは330i並み、価格は320i並み」ということになる。

 と前置きが長くなったが、クラウンRS Advanceに400kmほど試乗してみた。向かった先はツインリンクもてぎである。トータルで400km走行したが、市街地2割、高速8割(渋滞あり)だった。



 スポーツ・グレードといっても、きょう日245ps/350Nmはさして強力ではない。車重が1730kgもあるから、すごく速いというわけでもない。BMW330i Mスポーツは100kg軽い1630kgである。今回はあえてアクセルをじわっと踏んで、「スポーツしない運転」を心がけてみた。なぜか? 借り出して少し乗った時点で、あれ?これ、燃費悪くない?と思ったからだ。RSといえば「Racing Sport」あるいは「Racing Special」かと思うが、クラウンでサーキットを走る人は少ないだろう。通常はごくごく穏やかに、家族や仕事仲間を乗せて走るはず。であるなら、それをイメージしてドライブしてみるのもいい(サーキットで自在にクルマを振り回せるドライブスキルもないのだが)。

上下に分かれたディスプレイが特徴。基本的に上部がナビ画面、下がエアコンなどの操作系(ナビも映し出せる)

 クラウンらしい乗り心地というのがどういものかわからないが、フワフワした感じはない。良くも悪しくもそれがクラウンのイメージだから、ここは「アスリート」「RS」らしい感じである。

8速ATは、アイシン・エィ・ダブリュ製 ギヤ比 1速:4.596 2速:2.724 3速:1.863 4速:1.464 5速:1.231 6速:1.000 7速:0.824 8速 0.685 後退:4.056 最終減速比:3.133

 もっとも気になったのはフロントシートだ。白い本革シートは、パーフォレーション(細かい孔が開けられている)加工がされたシートだが、お尻が滑る(23万7600円消費税8% レザーパッケージオプションだが、もし筆者が買うならオーダーしない)。

フロントシートは本革。オプションのレザーパッケージ 23万7600円だ

フロントシートがやや小ぶりなのが気になった

 クラウンに限らないが、「高級グレードは本革」というのは、そろそろ終わりにしてほしい。上等なファブリックの方がずっと乗り心地も座り心地もいい。車両価格数千万円の超高級車でなければ、ぜひ仕立てのいいファブリックを上級グレードに設定してほしい。と個人的な見解を書いたが、クラウンのシートの問題はサイズだ。前後長が短い。身長175cmの普通体型の筆者が乗っても前後長が足りない。

長さが足りないように感じたので、運転席の座面を測ってみた。白い本革は手入れが大変だ……

 思い込みだけではいけないので、測ってみた。

 クラウンRSは腿裏がシートに触れるところまでで長さ48cmくらい。

 BMW320d(先代F30型)が53cm(アジャストできる機構付きでさらに伸ばせる)。



 である。この小ぶりなシートのせいかどうかはわからないが、試乗中ずっとシートポジションを修正し続けていた。最後までベストポジションを決めることができなかった。



 クラウンを選ぶ人がみな小柄な人ということはないと思うのだが、なぜこのサイズなのだろうか?

後席は前席に175cmのドライバーが乗った状態で膝の前に9-10cm程度の余裕があった

 RS仕様には、電子制御式ダンパー「リニアソレノイドAVS」に加え、専用のリヤパフォーマンスダンパーやリヤフロアパネルブレースが装着されている。また、タイヤはランフラットではない225/45R18 91Wのブリヂストン・レグノGR001だ。それらの相乗効果で得られた乗り心地と静粛性には感心した。

 おかげで、16スピーカーのトヨタ・プレミアムサウンドシステム(オプション)の音を堪能できた。個人的にはレクサスのマークレビンソン・オーディオよりクラウンのトヨタ・プレミアムサウンドシステムの音の方が好きだ。

225/45R18 91Wのブリヂストン・レグノGR001を装着。タイヤはランフラットではない

燃料はハイオク(プレミアム)

 冒頭、できるだけアクセルを踏み込まずにそっと走ってみた、と書いたが、400km走って燃費はどうだったか?

 まずはカタログ燃費を見てみよう。

WLTCモード燃費 12.4km/ℓ

 市街地モード 8.7km/ℓ

 郊外モード 12.6km/ℓ

 高速道路モード 15.1km/ℓ

である。



 今回のクラウンの実燃費(燃費計による)は12.2km/ℓだった。WTLCモード燃費の98.4%という非常に高い達成率である。

燃費計の燃費は12.2km/ℓだった

 であるが、そもそもの燃費が悪くないだろうか? BMW 330i Mスポーツの

WLTC燃費 13.2km/ℓ

 市街地モード 9.4km/ℓ

 郊外モード 13.7km/ℓ

 高速道路モード 15.5km/ℓ



 と比較しても6%程度モード燃費が低い。正確に同条件で比較したわけではないが、ドライブしていた当人の印象では、BMW3シリーズなら14km/ℓくらいはいくはず。

 このレポート(同じ個体)で、燃費を意識せずにドライバーしたときの燃費が11.1km/ℓという報告があるから、運転の仕方による燃費の悪化はあまりないかもしれない、ということも追加しておく。



 400kmドライブしての結論は、

筆者なら2.0ℓターボではなく、2.5ℓハイブリッドを選ぶ。ほぼ同価格の2.5RS(551万6500円)ならWLTCモード燃費は20.0km/ℓ。しかし、クラウンならRSではなく、もっと「クラウン的王道グレード」を選ぶ。2.5G(572万5500円)ならWLTC燃費も23.4km/ℓ。正直、トヨタ車を選ぶなら、THS2モデルに限ると個人的には思っている。どんな走り方をしても燃費は抜群だし、EV走行の静かさと滑らかさはクラウンに相応しい。



 もっといえば、スポーツ・セダンがほしいなら、BMW3シリーズを選ぶ……と言ったら、身も蓋もないか……。

フロントフェイスのデザインについて賛否あるようだが、王冠のエンブレムを含めてちゃんと「クラウン」に見えるところは素晴らしい

トヨタ・クラウンRS Advance(2WD)

全長×全幅×全高:4910mm×1800mm×1455mm

ホイールベース:2920mm

車重:1730kg

サスペンション:F/Rマルチリンク式

駆動方式:FR

エンジン

形式:2.0ℓ直列4気筒DOHCターボ

型式:8AR-FTS

排気量:1998cc

ボア×ストローク:86.0×86.0mm

圧縮比:10.0

最高出力:245ps(180kW)/5200-5800pm

最大トルク:350Nm/1650-4400rpm

燃料供給:筒内燃料直接噴射(DI)+ポート噴射(D-4ST)

燃料:無鉛プレミアム

燃料タンク:66ℓ

燃費:JC08モード 12.8km/ℓ

WLTCモード燃費 12.4km/ℓ

 市街地モード 8.7km/ℓ

 郊外モード 12.6km/ℓ

 高速道路モード 15.1km/ℓ

トランスミッション:8速AT

車両本体価格:559万4400円(消費税10%の現在は569万8000円)

試乗車はオプション込みで633万9060円(消費税8%時)

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタ・クラウンRS:2.0ℓターボの「スポーツ・クラウン」のアクセルをそっと踏んで400km走った燃費は?