高く伸びたハンドル、地を這うようなロー&ロングの車体。このスタイルこそ、アメリカンの王道であり、大きな醍醐味。アメリカン=大排気量車というイメージがあるけれど、小排気量車だってここまでやれる!50ccのアメリカンカスタムを集めてみました!

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

PHOTO●石塚よしひろ(ISHIZUKA Yoshihiro)

フロントフォーク延長で豪快なフォルムを演出



 東京都新宿区にあるバイクショップ「A&7」が2004年(平成16年)に製作したカスタム。ベース車両は、ホンダの「マグナ」シリーズの最小版である、1995年(平成7年)に発売された「マグナ50(フィフティ)」。



 フロントフォークを固定するステムは、フロントフォークを8度寝かせる、キタコのアメリカントップブリッジ&ステム(マグナ50とJAZZに適合)を装着。フロントフォークにはキタコのフォーク延長キットを装着してロング化し、アメリカンらしい豪快なチョッパースタイルにカスタマイズ。



 マフラーはスラッシュカットタイプの右側2本出し(メーカー不明)に変更し、アメリカンテイストを向上。極限まで長くフレアードされたクラシカルなスタイルのデイトナ製リヤフェンダー(廃版)や、ロングタイプシーシーバー(廃版)もポイント。



●4MINIチャンプ7より(2004年発売)/PHOTO:石塚よしひろ(ISHIZUKA Yoshihiro)



●カスタムDATA

・キタコ製アメリカントップブリッジ&ステム(廃版)

・キタコ製フォーク延長キット(廃版)

・スラッシュカットマフラー(メーカー不明)

・デイトナ製リヤフェンダー(廃版)

・デイトナ製シーシーバー(廃版)
★2019年現在、マグナ50やJAZZ(ジャズ)のアメリカンカスタムを作るには?



上記のカスタムDATAを見てもお分かりの通り、マグナ50やJAZZ(ジャズ)のカスタムパーツは廃版となったものが多い。ただしマグナ50やJAZZ(ジャズ)には今でも根強いファンが多く、中古車のタマ数もまずまず。そのため、下記の「ハリケーン」を始め、一部のパーツメーカーでは、現在でもマグナ50やJAZZ(ジャズ)のカスタムパーツを取り扱い中。マグナ50やJAZZ(ジャズ)のカスタムを考えている人は、インターネットなどで、マグナ50用やJAZZ(ジャズ)用、またどの車両にも装着できる汎用品などを、じっくりと探してみることをオススメする。

名画「イージー☆ライダー」のキャプテン・アメリカ仕様

 こちらもバイクショップ「A&7」が2004年(平成16年)に製作したカスタム。ベース車両は、1986年(昭和61年)に発売された「ホンダ マグナ50(フィフティ)」。



 1970年(昭和45年)に公開された“アメリカン・ニューシネマ”と呼ばれるジャンルの映画「イージー☆ライダー」において、主演のピーター・フォンダが扮する“キャプテン・アメリカ”が駆っていたまさしく、“チョッパースタイル”の過激なカスタムバイクを再現しているのがポイントだ。



 スラッシュカットエンドの右側2本出しマフラー、リジッド式のリヤサスペンション、ロングタイプのフロントフォークなど、カスタムメニューは豊富。メッキ処理されたフレームも見どころだ。

●カスタムDATA

・キタコ製アメリカントップブリッジ&ステム(廃版)

・フロントフォーク延長

・リジッド式リヤショック

・スラッシュカットマフラー(メーカー不明)

・社外ベーツ型ヘッドライト

・社外アメリカンハンドル

マグナ50を華麗なチョッパースタイルにアレンジ

 ハンドルなどのバイクパーツでもおなじみの「ハリケーン」が製作した、チョッパースタイルのマグナ50。バイザー付きの小径ベーツライトやリヤ部のシーシーバーなど、アメリカンならではのアイテムを随所に投入済みだ。前方へと長く伸びたフロントフォークによって、ロー&ロング化。とても50ccとは思えない、迫力あるフォルムに仕上げている。

●カスタムDATA(※すべてハリケーン製)

・アメリカンハンドルキット

・フロントフォークジョイント 150mm

・アルミフロントフェンダー(ショートタイプ)

・アルミリヤフェンダー

・Wスラッシュカットマフラー

・4.5インチベーツタイプ ヘッドライトキット(専用ステー付き)

・ヘッドライトバイザー

・左右ステップフォワードキット

超ワイドなチョッパーハンドルでカスタム

 小径のフロントベーツライト、ミニウインカー、コブラ型シート、長く伸びたシーシーバーの装着などで、カスタム度を大幅に高めたJAZZ(ジャズ)改。長く伸びたフロントフォークや、豪快に広がつたチョッパーハンドルで、アメリカンテイストを上手に引き出している。



 フロントフォークはノーマルをベースに、超ロングタイプのフォークジョイントを接続して、フォークのインナー部を大幅に延長。これにノーマルよりも寝かせた(角度を付けた)ステムを組み合わせ、ロー&ロングフォルムを獲得。



 小径のベーツライトやミニウインカー、メッキ仕上げのカバー付きエアフィルターなど、アメリカンカスタムには不可欠のアイテムもチョイス。マフラーは極大のカーボンサイレンサーを備えた、デイトナのモンキー用(廃版)を流用。



●4MINIチャンプ7より(2004年発売)/PHOTO:石塚よしひろ(ISHIZUKA Yoshihiro)





●カスタムDATA(※すべて廃版)

・キタコ製アメリカントップブリッジ&ステム

・キタコ製フォーク延長キット

・デイトナ製マフラー

・デイトナ製リヤフェンダー

・デイトナ製シーシーバー

可愛いモンキーにアメリカンのエッセンスをプラス

 豪快に伸びたモンキー330シックスベンドハンドル、500mmのラウンドシーシーバー、ユニークな形状の160mmロングスイングアームなど、多数のハリケーン製バーツを駆使して製作されたモンキーアメリカン。



 前後にチューブレス用10インチアルミホイールを装着して、豪快な足周りを演出。スチール製クロームメッキのダウンマフラースラッシュカットで、シャープなサイドビューに仕上げているのもポイント。



 フロントマスクは、アメリカンには欠かせない4.5ベーツタイプのレインボーライトをチョイス。これにクロームメッキを施したヘッドライトパイザーを装着。また、シートはノーマルキャリアも使用可能なプレーンシート、左右のグリップはアルミビレットをチョイスするなど、細部まで隈なくカスタマイズ。

リヤはラウントシーシーバーとハイマウ ントテールランプkitキャンツアイミニを組 み合わせ。
ハリケーンからは様々な形状のハンドルがラインナップされている。


●カスタムDATA

・モンキー330シックスベンドハンドル

・500mmラウンドシーシーバー

・160mmロングスイングアーム

・ハンドルホルダーH30

・ミニスピードメーターkit

・フットベグビレット

・ブレーキペダルカバー

・ヘッドライトバイザー

・ロングスロットルケーブル ステンレスメッシュ(150mmロング)

・ロングメーターケープル ステンレスメッシュ(150mmロング)

・チューブレス用10インチアルミホイール

・スラッシュカットマフラー

・4.5インチベーツタイプ ヘッドライトキット(専用ステー付き)

・ヘッドライトバイザー

・ハイマウ ントテールランプkit

・プレーンシート

(※以上はすべてハリケーン製)

・NSR50用フロントフォーク

・NSR50用ディスクブレーキ周り

・社外NSR50ディスクローター取り付け用ハブ
■A&7

http://www.midway.jp/a7/



■ハリケーン

https://www.hurricane-web.jp/
ホンダ・ジャズ (1996年)はカブ系エンジンだからタフ! ローリー寺西も令和時代を生きるタフガイ

情報提供元:MotorFan
記事名:「 これが50ccって本当!?小さなアメリカンカスタムたち