ボルボ・カーズはこのほど、10月16日に発表を予定している「XC40」のBEV(バッテリーEV)仕様のデザインスケッチを公開した。

フロントに30L分の収納スペースを確保

 ボルボ・モデルラインナップ初のEVはSUVの「XC40」に設定される。スタリングの基本は現在発売されているエンジン車のXC40を踏襲しているものの、内燃機関を搭載しないことから、一部ディテールは専用になるようだ。



 フロントグリルはクローズド構造とされ、ボディ同色に塗装。フロントマスクに独特の視覚的特徴を生み出す。これはもちろん、電気自動車ゆえにエンジン冷却のための空気循環の必要性が減ったことで可能となったものだ。なお、このグリルには先進運転支援システム(ADAS)用のセンサーが統合されている。

 ボディカラーには、新規オプションカラーのセージグリーンメタリックを含む8色をラインナップ。ルーフをブラックとした2トーンボディが標準になる。ホイールサイズは19インチまたは20インチがオプション設定される。

 パワートレインのコンポーネントが内燃機関よりコンパクトなため、フロントフード下には、30L分の収納スペースが設けられた。ちなみに、同社ではこの「フロント・トランク・ルーム」を「フランク」と呼んでいる。



 室内では、電気自動車専用に刷新されたドライバーインターフェイスを搭載。バッテリー状況などの重要な情報をドライバーにわかりやすく表示する。このほか、多彩な収納スペースを確保しているのはエンジン車のXC40と変わらない。

 EVエンジニアリングは、2016年に公開された「コンセプト40.1」にもとづく。XC40の開発当初から電気自動車の設定も念頭に置かれた「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を採用。バッテリーパックはキャビンスペースに影響をおよぼさないよう、アンダーフロアに搭載される。



 なお、ボルボ・カーズ・ジャパンによれば、XC40 EV仕様の日本導入時期は、今のところ未定とのこと。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ボルボが「XC40」に設定するピュアEV仕様のティザースケッチを公開! 正式発表は10月16日