6月12日、アストンマーティンは現在開発の最終段階を迎えている同ブランド初のSUV「DBX」のプリプロダクションモデルの生産がスタートしたことを報じた。

2020年前半に量産がスタート

 DBXの生産拠点は英国ウェールズに新設されたセント・アサン工場。セント・アサン工場は、かつて英国国防省の格納庫だった場所をアストンマーティンが2016年に入手し完成させた新拠点。今後はさらにラグジュアリーEVブランドに生まれ変わった新生ラゴンダ・ブランドのモデルも生産される予定だ。

 アストンマーティンではこのセント・アサン工場に引き続き投資していく方針で、同工場にはこれまで200名の新規雇用を創出しており、今後雇用数は500名にまで増やす見通しだという。



 DBXは2019年末に発表され、2020年の前半には量産が始まる予定。現在は昨年から世界各地で実施している公道テストを継続している。テストの場はドイツ・ニュルブルクリンクや北極圏での寒冷地も含まれており、アストンマーティン初のSUVとして高い完成度を予想させる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アストンマーティン初のSUV「DBX」のプリプロダクションモデル生産がスタート!