Uberとの共同開発を続けてきたボルボ・カーズがXC90をベースとした自動運転のための初の生産モデルを発表した。

 2016年にUberと共同技術開発の契約を締結したボルボ・カーズ。以降、自動運転車を自社開発するためにいくつもの試作車を開発し、研究を続けてきた。そして本日ついにボルボXC90をベースにUberの自動運転システムを組み込んで完全な自動運転を可能とした、初の生産車を発表した。

 

 本生産モデルの特徴としてステアリングやブレーキ機能における複数のバックアップシステムとバッテリーのバックアップ電力が挙げられる。例えば万が一いずれかのシステムが機能しなかった場合、即座にバックアップシステムが起動して車両を停止させるように設計されている。

 今回開発されたUberの自動運転システムは、いずれはミッション・スペシャリスト(特別な訓練を受けたUberのスタッフ)による操作や監督が必要なくなり、自動運転車による自動配車システムが提供できるようになるという。

 

 ボルボ・カーズ代表取締役社長兼CEOのホーカン・サムエルソン氏は「自動運転技術によって、ボルボの基本である安全性をさらに向上させることができると信じています。今後5年以内には、ボルボが販売する全ての車のうち三分の一を完全自動運転車になると予想しています。Uberとの契約は、配車サービスで世界をリードする企業に対する最適なサプライヤーになる、というボルボの意欲的な姿勢を示しています」と語っている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 自動運転を実現したXC90の生産車をボルボが発表!