業界最大手「マルシン製出前機」に、3段仕切り付きの岡持ちを組み合わせたスーパーカブ。実はこれ、2019年8月に発売予定の1/12 完成品模型。プラモデル、ミニカー、ラジコンカーなどでおなじみの「AOSHIMA(株式会社 青島文化教材社)」が本気で制作すると……ラーメンが食べたい!いや、やっぱりチャーハンを!そんな気分にさせてくれるリアルな完成度だ。



REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)

1/12 完成品バイク Honda スーパーカブ50 出前機付……各2500円(税抜)予定

1/12 完成品バイク Honda スーパーカブ50 ポリス仕様……各2500円(税抜)予定

 1958年(昭和33年)に登場以来、世界各国で1億台以上の販売実績を達成した、日本が誇る超ロングセラーモデル「ホンダ スーパーカブ」。



「AOSHIMA(株式会社 青島文化教材社)」からは、2019年6月、ホンダ スーパーカブ50を【全長15cmの1/12スケール】に仕上げた完成品モデルが発売されたばかりだ。(詳しくは写真&下記をクリック!)

ヘッドカバーのフィンまで再現!? 全長15cmなのにガチすぎるスーパーカブ。【AOSHIMA・1/12 完成品バイク Honda スーパーカブ50】

荷台の出前機やリヤボックスなどのパーツを「新規の金型」で再現!

 今回、新たに登場するのは、2台のビジネス仕様。業務用出前機の最大手「マルシン製出前機」と、中華料理店が多用する岡持ちを備えたスーパーカブ50、また、リヤボックスを再現したポリス仕様だ。



 ベースとなるのは、車体を支持するフォークとホイールの間にアームを介した、初代スーパーカブC100から継承の「ボトムリンク式サスペンション」、また、シルバーカラーのエンジンを搭載した、スーパーカブの中ではもっともポピュラーなキャブレター仕様(2002年式)だ。



 荷台の出前機やリヤボックスなどのパーツは、新規金型で再現。フレーム等にダイキャストを使用するなど、重量感溢れる外観に仕上がっているのもポイント。



 塗装&組み立て済みの完成品だから、面倒な作業は一切なし。箱から出してすぐに飾れるのが嬉しいところだ。

「AOSHIMA・1/12 完成品バイク Honda スーパーカブ50 ビジネス仕様」のポイントはココ!

●共通事項

・塗装済み完成品

・スケール:1/12スケール

・サイズ:全長約150㎜

・素材:〈本体〉ダイキャスト、ABS〈タイヤ〉ゴム

・ベースは2002年式

・荷台のパーツは新規金型で精密に再現

・ディスプレイ用台座付属

・LCDモデル製



●Honda スーパーカブ50 出前機付

・ボディカラー:グリーンメタリック

・マルシン出前機(協力:株式会社マルシン)・岡持ち付属



●Honda スーパーカブ ポリス仕様

・ボディカラー:ホワイト

・リアボックス付属

【発売日】

2019年8月発売予定



【価格】

各2500円(税抜)予定



【購入】

青島文化教材社のonline shop(下記)、模型専門店、家電量販店、各オンラインショップなどで予約受付中



【発売元】

発売元:株式会社 青島文化教材社

http://www.aoshima-bk.co.jp/



※製品画像は試作品です。実際の商品とは異なる箇所がございます。
【青島文化教材社 online shop】

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ラーメンを運ぶか、チャーハンを運ぶか、それが問題だ。【AOSHIMA・1/12 完成品バイク Honda スーパーカブ50 ビジネス仕様】