6月5日、FCAジャパンはフィアット500に5速MTを搭載した限定車「500S Manuale Rosso(マヌアーレ・ロッサ)」を設定し、6月15日より全国80台限定で発売すると発表した。税込車両価格は246万円だ。

ボディカラーは男女問わず人気の「パソドブレ レッド」

 イタリア語で“自ら操る(マニュアル)”という意味の「マヌアーレ」と、“赤”を意味する「ロッサ」を車名に添えるこの限定車は、85psと145Nmを発揮する2気筒ターボのツインエアエンジンに5速MTを組み合わせるという、通常のモデルラインナップには設定のない仕様を実現。独特のフィーリングを生み出す2気筒ターボを自らの変速で楽しめる一台となっている。

 ボディカラーはファッシュナブルな雰囲気で男女問わず人気の高い「パソドブレ レッド」を採用。ダークグレーの専用15インチアルミホイールがスポーティナな雰囲気を一層引き立てている。また、マニュアルモデル専用のフォグランプ付きフロントバンパーやサイドスカート、リヤバンパーを装着。さらにサテングレーのアクセントラインやドアハンドル、クローム仕上げのエキゾーストフィニッシャーなど、ディテールにもスポーティ感を高める演出が加えられている。

 内装はブラックを基調にシートやインナードアパネルに明るいアクセントカラーがあしらわれている。



●フィアット500Sマヌアーレ・ロッサ特別装備

・専用デザインファブリックシート

・専用インストルメントパネル

・レザースポーツステアリングホイール

・専用シフトノブ

・専用フロント/リヤバンパー

・専用サイドスカート

・リアルーフスポイラー

・サテングレー仕上げアクセントライン

・サテングレー仕上げドアハンドル

・サテングレー仕上げテールゲートハンドル

・クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャー

・専用アルミホイール+185/55R15タイヤ

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ツインエアエンジンを5速MTで操る! フィアット500の限定車「マヌアーレ・ロッサ」が登場