上海モーターショーで目立ったのは、EVのベアシャシー、いわゆるe-PLATFORMだ。ここでは、スタートアップを含む中国メーカーのe-PLATFORMを一覧してみる。

 中国の新興メーカーの勢いがすごい。スタートアップ、中国の自動車メーカーの新ブランドも含めて、数多くの新しいEVブランドが登場してきている。資本は中国、技術は欧州、あるいはアメリカというケースも多い。その裏側にはボッシュ、マグナ、コンチネンタルなどのメガサプライヤーやAVLなどのエンジアリング会社の存在もあると推測する。



 とはいえ、モーターショーでこれだけの数の電動プラットフォームが揃うとは! まずはNIOから見ていこう。

大注目のEVベンチャーNIO(上海蔚来汽車)のe-PLATFORM

 中国のEVベンチャーのなかでも強力な資金調達力でもっとも注目を集めているのが、NIO(蔚来汽車)だ。創業は2014年。フォーミュラEにも参戦中だ。展示したEP Platformは前後にモーターを積むハイパフォーマンスEV向け。プラットフォームはアルミダイキャスト製サスペンションタワーを含めて完成度が高く見えた。ここからSUVとセダンを作り出すようだ。

フロントアクスルには160kWの永久磁石同期モーターをリヤには240kWのインダクション(誘導)モーターを搭載する。220kWのデュアルモーターも展示した

ピークパワー160kW /ピークトルク305Nmのフロント永久磁石同期モーター

リヤに積む240kWのインダクション(誘導)モーターを搭載する。

カーボンファイバー製のシェルをもつバッテリー。NCM811ニッケル-コバルト-マンガンバッテリーだ。バッテリー容量は240Ahでエネルギー密度は180Wh/kg以上だという。バッテリー交換式でES8では、交換可能式バッテリーのデモも行なっていた。



ET PreviewはNIOにとって初めて4ドアセダンEV。NEDCモードで約510kmの航続距離を持つ。

QOROS AUTO(观致汽車)のSUV向けEVプラットフォーム・コンセプト

BLUE SKYというロゴが見えるフロント部。120kWhの大容量バッテリーは定石通りフロアに敷き詰める。

前後ダブルウィッシュボーン式のサスペンション。いかもにもがっちりした作りだが、あくまでも試作レベルか。

 奇瑞汽車(Chery)とイスラエル・コーポレーションの合弁である観致汽車(QOROS AUTO)。Qoros EV-Platform Conceptとして展示したのは、SUV向け。全長×全幅:4850mm×1980mm、ホイールベース:2950mmとなっていて、航続距離は500kmだという。電池容量は120kWhで効率は500kWと表示してあった。前後モーターのAWDである。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 中国EVプラットフォーム総覧 電動プラットフォームがあれば、EVは作れる?